スポンサーリンク

香取慎吾が「世界に一つだけの花」トリプルミリオン達成でファンへ暗号発信。しかし祝福できないのは何故?

この記事をシェアする

今年に入ってSMAPファンが粘り強く実施していた「世界に一つだけの花」の購買運動。

年内に300万枚達成というその目標は実現し、稲垣吾郎の誕生日である12月8日に達成したこともあり、ファンの間で設定された集中購買期間の設定の結果、一気に販売枚数を押し上げた。在庫不足も相次ぐ中、タワーレコードなど多くの販売店はSMAPの特設コーナーを設置し、購買運動に協力したことも大きかっただろう。

累計CD販売枚数史上の歴代1位(レコードを合わせると3位)という驚異的な記録にも達している。

そんな達成直後の12月10日放送の「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)では香取慎吾が黒地のスーツに花と王冠がデザインされた衣装で登場。暗号好きな香取を知るファンからは「5本の花に王冠3つ。SMAP5人でファンとトリプルミリオン達成を祝うためだ」として、すぐに暗号を読み取ったようだった。

この日はセットの壁までも花柄模様となっており、香取を含めスタッフ全体で達成を祝っているかのようだった。

さらに番組最後には「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に出演している米倉涼子に対し、「ずっと見てますよ。1話目の『世界で1つだけの骨』から」と発言し、購買運動を思わせるような発言も飛び出した。ここまで来ると偶然ではなく、間違いなく確信的に行っているだろう。

さらには米倉涼子まで花柄のワンピースを着用するという何から何まで「世界に一つだけの花」の300万枚達成を祝福する演出が相次いだ。

そもそも何故ストレートに「世界に一つだけの花の300万枚達成おめでとう」といった発言、演出ができないのかという点もあるが、それに触れるとどうしても解散撤回を求める声と結びつくため、容認できないのだろう。しかし373,515筆集まった署名、「世界に一つだけの花」のトリプルミリオンといったファンの声は確実にSMAPのメンバーに届いている。

問題は”容認できない”のが誰なのか。仮に香取が容認しないのだとしたらわざわざ暗号を発信するだろうか。

今回の番組の演出や香取の衣装、コメントが今できるギリギリの線だったに違いない。

ちなみに衣装はDOLCE & GABBANA(ドルチェアンドガッパーナ)の2016年秋冬モデルで30万円以上はしそうだ。

スポンサーリンク

15年目を迎えた「SmaSTATION!!」との信頼関係

今年の10月で15周年を迎えた「SmaSTATION!!」。香取慎吾が24歳の時から毎週生放送を続けており、長年苦楽を共にしてきたスタッフとの信頼関係は非常に強い。

先月騒動となった香取慎吾の来年9月引退報道についても元はと言えば、スタッフとの打ち上げの中での香取の発言が誤った形で広まったようだと週刊女性は伝えていた。

10月上旬、香取ら一行は六本木界隈の駅からほど近い店で、食事会を兼ねたささやかなお祝いをしていた。

「“15周年だし、ちょっと行きますか”と軽い気持ちで、スタッフがいつものように慎吾クンを誘ったそう。10人にも満たない小さな会は六本木という土地柄、外国人客が多く訪れるレストランバーでスタートしたみたいです」(テレビ局関係者)

各々が15年間の思い出話に花を咲かせる中、おのずと“これから”の話がポツリポツリと出始めたという。

「“海外のファッションニュースなんかも取り上げたいよね”といった話が出る中、お酒もまわってきたスタッフの1人が、“もっともっと、20周年、いや30周年を目指しましょうよ!”と盛り上がりが最高潮に達したとき、慎吾クンが“ちょっとゴメン”と切り出したそう」(前出・テレビ局関係者)

それまで場を見守るようにおとなしくしていた主役のひと言に、静まり返るスタッフたち。すると、こんなことを打ち明けだしたという。

「しばらくは芸能活動を休業して、アメリカとかヨーロッパに行ってファッションやアクセサリーの勉強をしたいんだ。“8月いっぱいまでは仕事を受けるけど、9月以降は入れないで”って(ジャニーズ事務所には)言っている」

契約更新となる9月を機に、どうやらファッション、アート留学を考えているようだ。後に『Shingoブランド』を立ち上げる夢もあるのかもしれない。そのために“休業”するのだという。

「おそらくは一部が漏れ伝わって、《芸能界引退》《アメリカに行く》などと報道されたのでしょう。ですが香取が言う休業をジャニーズが受け入れない場合、それは“事務所を辞める”ことになり、結果として引退になるのかもしれません」(芸能プロ関係者)

引用:週刊女性

香取のファッションや絵画などの幅広いセンスはファンだけでなくても業界で評価が非常に高い。

障害者スポーツと音楽の祭典「パラフェス2016」では約2.6メートル×6.1メートルの巨大壁画のレプリカを完成させた。作品はパラリンピック・サポートセンターの新オフィス設立に合わせて10日間、60時間で描き上げたといい、草なぎ剛も「今までの慎吾の画の中で一番いい」と太鼓判を押す。

10月23日放送の「PON!」(日本テレビ系)ではこの巨大壁画の様子が放送され、香取は作品について「楽しいときばかりじゃないかもしれない時に、ちょっとでも楽しく明るい気持ちになってもらえたらなと思うので…気持ちが晴れる時を作れる画になってくれたらいいですね」とコメントしていた。

SMAP解散まで残り時間が少なくなってきた中、SMAPのメンバーもファンも明るい気持ちで正月を迎えることができるのだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク