映画「銀の匙」主演中島健人に監督が「オーラが無くなった」と発言

シェアする

「鋼の錬金術師」で知られる荒川弘の最新作である銀の匙は漫画大賞2012にも輝く話題作。その人気漫画を映画化した「銀の匙 Silver Spoon」はSexy Zoneの中島健人が主演で農業高校に通う男子高校生の日々を描くリア充青春映画。映画は2014年3月7日から公開される。

1月29日の完成披露イベントで映画の吉田監督は中島健人に対してさえない主人公を演じるためにも「キラキラするな!」と常に言っていたとのことで、中島健人いわく「東京に戻ってオーラなくなったなと言われたけど、それほ僕にとって褒め言葉。力まずに演じられたと思う。常にテンション落として猫背で、私生活でもメガネにするとか細かいところを地味にした」

中島は撮影が終わりキラキラモードを取り戻したのか「子豚がほんとうに可愛い。豚に対して恋をしました。」などと甘い言葉を炸裂し、周りからは「出た!」と冷やかされていた。 

会見には黒木華、上島竜兵、吹石一恵、竹内力、吉田恵輔監督が参加し、竹内力からは「本当に頭がいい、努力を惜しまない天才」吹石一恵からは「ピアノの生演奏も聞かせてもらったけど、生まれついての表現者」などと賛辞の声も、上島竜兵からは「なんでもできないといけないから、今度一緒に熱湯風呂をやろ!」とコメントし笑いを誘った。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク