【動画】テレ東音楽祭で増田貴久がファンの頭をポンポンし話題に。一夜限りのシブがき隊では薬丸裕英が28年ぶりに踊る。

シェアする

今年で3回目となる「テレ東音楽祭」が6月29日(18:30~23:24)に華々しく開催された。夏の夜を煌びやかに飾り、観るものを夢の世界へと招きよせ、地上の楽園の如く楽しませた5時間が惜しまれて終わった。

宴はTOKIOの国分太一による総合司会で、滑らかな語り口調と軽快なリズム感で誘導し、ジャニーズのアイドルに次々とスポットライトを当てて、刺激的な夜を飾る音楽の世界へと誘い進行させて大好評で終わった。

ジャニーズの出演グループは、「TOKIO」・「KinKi Kids」・「V6」・「NEWS」・「関ジャニ∞」・「Hey!Say!JUMP」・「A.B.CーZ」・「ジャニーズWEST」の8グループが日頃の鍛錬の賜物である持ち歌を、メンバーによる魅惑的なダンズとともに、ワクワクするスター性もタップリと魅せてくれた。

スポンサーリンク

「シブがき隊」の薬丸裕英の歌と軽快なダンスは健在

「テレ東音楽祭」で話題だったのは元ジャニーズとジャニーズの朝の顔である、薬丸裕英と井ノ原快彦と国分太一の3人によるシブがき隊再結成。楽曲は、1982年~1988年のかつての人気アイドル「シブがき隊」だった薬丸裕英(やっくん)と、布川敏和(フックン)と、本木雅弘(モックン)の当時の人気曲のひとつである「100%・・・SOかもね!」だった。

事前のインタビューで薬丸裕英は、28年も歌って踊ってないので心配だと語っていたが、現役の井ノ原快彦と国分太一には一歩も引けを取ることなく、スター性も失われることなく、当時のマスクも変わることなくそのままで、キレッキレッの素敵な歌とダンズを披露してくれた。

だがやっぱりファンの声は、せっかく一夜限りだから、本物の布川敏和(フックン)と本木雅弘(モックン)の姿が見たいので、何とか出演して欲しかったのが心残りのようだ。

「シブがき隊」の同期に「花の82年組」である小泉今日子・三田寛子・堀ちえみ・中森明菜・松本伊代・早見優・石川秀美らがいて、女性アイドルがと ても清純な感じで、愛くるしく可愛かった。

薬丸裕英はアイドルの石川秀美と結婚しているが、当時アイドル同士の結婚は色々と問題があり結局は入籍だけだったため、3人の息子と2人の娘である子供たちの熱い思いにより、昨年ハワイで25年目の結婚式を挙げた。大変仲の良い夫婦で幸せに暮らしている。

NEWSの眩しい衣装・4人で仲良く快進撃

2004年9人いたメンバーが4人だけになっても負けず、絶望を乗り越えながら個性を活かして成長してNEWSとして花開かせた。

毎年日本テレビ系で行われる「24時間テレビ39 愛は地球を救う」(8月27日・28日)にNEWSが今年のメインパーソナリティーとして決定している。メンバー同士が仲良く「テレ東音楽祭」の最高の夜を飾っている。歌の途中で増田貴久がファンの頭をポンポンして話題になっている。

「NEWS」他「TOKIO」・「KinKi Kids」・「V6」・「関ジャニ∞」・「Hey!Say!JUMP」・「A.B.CーZ」・「ジャニーズWEST」もイキイキと素敵な歌と踊りを披露してファンの大喝采を浴びていた。又来年の「テレ東音楽祭」でファンと再会が待っている。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事