内博貴の人生を変えた未成年飲酒騒動と天国の恋からの復活劇

シェアする

内博貴といえば元NEWSのメンバーで、現在もソロとしてジャニーズ事務所に所属するイケメンですが、彼の芸能人生は波瀾万丈に満ちていました。

内博貴の人生を変えた菊間千乃との飲酒騒動

まず思い浮かべられるのが、元フジテレビアナウンサーの菊間千乃との飲酒騒動です。女子アナとのスキャンダルというだけでもジャニーズ所属タレントとしては痛手ですが、当時未成年だったという事情がさらに事態を難しくし、活動休止を発表して事務所側から反省を促されました。

解雇の噂もささやかれましたが、今こうして同じ事務所で活動できているということは、真摯な態度で向き合ったことによる彼自身の努力の成果でしょう。

昼ドラ「天国の恋」で主婦層から支持も

そんな内博貴は、新たに主婦層にターゲットを絞り、昼ドラに出演し話題を呼びました。

「天国の恋」というタイトルのこの作品はアラフォー女性との歳の離れた恋をテーマにしていて、いかにも視聴者層のメインである主婦の心を掴むような内容。

同作は、41歳の主婦が、本能に導かれるように二人の若い男と恋に落ち、一人の女性として愛に溺れていく、“昼ドラ”の真骨頂のような物語。しかも、主人公には愛した人が必ずみんな不遇の死を遂げるトラウマがあり、過去と現在を行き来しながらストーリーが展開する。内は、主人公・斎(いつき)の初恋相手・国友聡役と、その彼に瓜二つの薦田潮(こもた・うしお)の二役を演じる。国友は斎が通っていた高校の数学教師で、女子生徒の人気の的だったが、不本意な停職処分を受け、若くして亡くなった。一方の潮は、同年代の梢(沢井美優)と恋人関係を続けながらも、期せずして出会った斎に、成熟した女性の豊饒さを感じ惹かれていく。

(引用元・ORICON STYLE)

と、かなりドロドロの作品で、昼ドラの王道といった感じです。

内博貴の抜群なルックスがあってこその配役で、変に生活感を感じさせない内だからこそ濃い内容のドラマが映えたようです。メインファン層をかなり高めに持ってくるのか、今後の活動の方向性もファンは注目でしょう。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク