スポンサーリンク

NEWS・小山慶一郎にスキャンダルの余波!?公式ブログの「メンバー愛」が終了

この記事をシェアする

今年2月に発覚した小山慶一郎の彼女とされるアイドルグループ放課後プリンセスに所属していた太田希望との熱愛疑惑。騒動は様々な情報の流出を経て公式ブログの終了という事態にまで発展したようだ。

news-every-koyama

画像は「news every.」公式ページ

最初は太田のいわゆる”匂わせ”と見られるSNSへの投稿が原因で、2人の数々の一致点が発覚。2人が利用している江戸切子のグラスの柄やPRADAのバッグがお揃いで一致したり、ハワイの滞在期間が一致するなどしていた。

その後、2人の水着ツーショットも流出。この段階で太田希望の所属事務所は「グループのルール違反が発見された」との原因で解雇されることとなった。否定コメントを発表せずにクビになったことで実質交際を認めたようなものだろう。

しかし騒動はそれで収まらず、小山がプライベートで複数の女性と旅館を貸し切り乱痴気騒ぎしていると見られる音声データまでも流出。

それまで騒動を見守っていた大手女性週刊誌なども記事を掲載することとなり、おそらく事務所幹部の耳にも既に騒動の件は入っているだろう。

今年8月26日、27日に放送される毎年恒例の「24時間テレビ」(日本テレビ系)で小山は嵐の櫻井翔、KAT-TUNの亀梨和也と共にメインパーソナリティに決定。今のところ騒動が仕事に影響を与えている気配はなかった。

しかし12年続いていた公式ブログ「メンバー愛」を終了することが4月21日に発表され、そこにスキャンダルの影響が見え隠れする。

スポンサーリンク

小山慶一郎のメンバー愛が終了

小山は4月21日の更新で「僕の中で今までの月曜と金曜の更新を変えるので、それは『メンバー愛』のタイトルはふさわしくないという強いこだわりがあり、タイトルを変更させてもらいます!!」と報告。さらに「これからNEWSのコンサートはもちろん、エブリーやバラエティ、夏に向けて24時間テレビのメインパーソナリティをやらせていただけたりと、バタバタするかもしれませんが、自由に書かせてもらいます。」と、今後ブログが不定期になることを発表した。

公式ブログについては「良かったらまた覗きに来てもらえたら嬉しいです。もちろん、メンバーへの愛はいつも変わらないので、メンバー愛と内容変わらないかもしれないけど。笑」とタイトルは変わるが、今後も内容は変わらないとしたが更新頻度が下がるのだろう。

最後に「今月いっぱいですがメンバー愛、よろしくお願いします!!」と今月末でブログが終了することを告知している。

この内容にファンは「この文面が真面目に意味わからないんだけど」「定期更新じゃなくてもメンバー愛は書けるでしょ」「何が言いたいの?」などといった反応が多く、タイトル変更の意図はあまり伝わっていないようだ。

ファンの間で「メン愛」と略されてきたこの公式ブログは12年もの間、月曜と金曜の更新を続けてきた。それがこのタイミングで不定期更新に切り替わるというのは、スキャンダル発覚以降、何を書いてもファンから批判されるようになってきたためもあるだろう。批判を避けるためにリニューアルを口実に更新頻度を減らしたいというのが本音だとすれば、今後ブログの更新回数は減るだろう。

「メンバーのこと書かないのにメン愛」と揶揄する声もあったため、タイトル変更で整合性が取れるようになるのかもしれないが、4月1日から実施しているNEWSのツアー「NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND」の前には「ツアー中はメンバー観察します」と報告していただけに、まさかの報告無しのままにメン愛が終了する事態には驚きだ。

スキャンダルを受けてのとっさの対応力といったところだろうか。

そんな小山の現在の様子、またそれでもNEWSを脱退しない事情を週刊女性が報じている。

「小山さんは報道番組の『news every.』(日本テレビ系)にレギュラー出演しています。アイドルだけでなくキャスター業も務めていますから、まじめなイメージが広まっていました。派手な女性関係もキャラとして許される手越さんとは違い、小山さんだと“裏ではこんなことをしていたんだ……”という受け取り方をされてしまいます」(前出・芸能プロ関係者)

現場では恐縮して小さくなっているかと思いきや、特に変わった様子はないという。

「何事もなかったかのように過ごしていますよ。写真についても何も説明していません。スタッフだって本人にそんな話をふるわけないですよね(笑)」(日本テレビ関係者)

小山が“完全スルー”しているのは、事の重大さに気づいていないからではない。むしろ逆で、沈黙を守らなければならない理由があるからだ。

「NEWSは9人編成でスタートしましたが脱退が続いて4人になってしまいました。’12年7月に再スタートするとき、メンバーはJ副社長に呼び出され“次また誰かが抜けるようなことがあったら今度こそグループは解散”と通告を受けていたそうです。この状況では何を発言しても炎上の火種になってしまいますから、おとなしく過ごすしかないと判断したのでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

引用週刊女性

現在実施中のコンサートでは批判のうちわが並ぶ異常事態になっているが、仮に小山が脱退するとNEWSの解散に繋がるだけに今後も沈黙を続けざるを得ないだろう。

小山に恨みを持った人物からなのか様々な情報が流出し続けているが、騒動はこれで収束するのだろうか。

昨年発売されたNEWSの元スタッフによる暴露本「NEWSあの日のままで」には「もう不安や悲しいなんて言いません。(略)僕は死ぬまでNEWS辞めませんから」と小山が語っていたと記されているが、踏ん張りどころだろう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク