Kis-My-Ft2(キスマイ)のぶさいくをおさらい

シェアする

2013年12月13日、ジャニーズの7人グループKis-My-Ft2から選抜された4人がユニットを組みCDデビューを果たしました。

ユニット名は「舞祭組」(ぶさいく)。華々しい字面と裏腹の、ジャニーズには禁忌の「ブサイク」の響き。このユニットが結成・デビューを果たすまでには実は大きな立役者がいました。

スポンサーリンク

キスマイの”後ろ”の4人

舞祭組はKis-My-Ft2(以下キスマイ)の横尾渉さん、宮田俊哉さん、二階堂高嗣さん、千賀健永さんからなるグループ。キスマイと言えば事務所の大先輩・光GENJIのローラースケートパフォーマンスを継承したことでも知られる、若い女性に人気のアイドルグループでもあります。

しかしひそかに囁かれていたグループ内での格差に疑問を持つ声も多く見かけられました。
メインを張る前列の北山宏光さん、藤ヶ谷太輔さん、玉森裕太さんはドラマ等での活動も多く目立つ一方で、舞祭組メンバーである4人はバックダンサーとほぼ同等の扱いの時もありファン内外でも「前の3人」「後ろの4人」というのが良くも悪くも定着しつつありました。

中居正広がプロデュース

そこへ切り込んでいったのが事務所の大先輩であるSMAPの中居正広さん。キスマイの冠番組にゲスト出演した際に曲を作ると宣言し、作詞作曲・MVの監督まで全てをプロデュース。

もちろんグループ名も中居さんにより命名。決してかっこいいとは言い難いけれど、ひたむきさと切なさを懸命に訴える彼らの歌はTV初披露の11月頃から話題になっていきました。

デビュー曲はヒット

デビュー曲は「棚からぼたもち」。発売日は縁起の良くないと言われる13日の金曜日でしたがオリコンデイリーチャートでは見事1位を獲得。さらにウィークリーランキングでは2位と順調なすべりだしと人気の高さを見せつけました。

彼らの魅力は全力のパフォーマンス。4人の、アイドルとして・グループとしての立ち位置についての不安やとまどいを切なく強く訴えながら歌い上げるとともに、サビのキャッチーな振り付けが話題になりました。また歌詞には「前の3人」を良い意味で連想させるフレーズも出ており、中居さんの気遣いや粋な発想にファンからは中居さんへの感謝の声も。

メンバーの宮田さんは宴会ソングだとおっしゃり、今後忘年会・新年会の定番ソングになっていくのではないでしょうか。

今後の活躍に期待

中居さんの一言で偶然結成されたユニット「舞祭組」。まさにデビュー曲のタイトル通り「棚からぼたもち」で念願の前に出ることに成功し知名度も上昇中。冠番組内も2014年の抱負を語るなどこれからの活躍が期待されます。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事