スポンサーリンク

舞祭組の新曲がようやく発売で解散回避。なんと「道しるべ」はSMAP・中居正広に向け舞祭組自ら作詞・作曲したことが判明

この記事をシェアする

キスマイの後ろ4人横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永で結成された舞祭組。今年はSMAP解散騒動の余波を受けて活動がほとんど無かったため、このまま解散になるのではと心配の声も多く聞かれたが、待望の新曲が発売されることが決定した。

最近では完全にジュリー派に移籍したとも言われていたキスマイ。ここに来て、CMや新曲の発売など新たな仕事が立て続けに舞い込むようになってきた。

キスマイの中でも心配されていた舞祭組だが新曲の発売決定で、昨年9月に発表されてから全く音沙汰のない舞祭組のファーストアルバム発売も近づいただろう。

スポンサーリンク

舞祭組の新曲「道しるべ」は中居正広に向けた曲

舞祭組は2015年3月8日に発売された3枚目のシングル「やっちゃった!!」を最後に1年10ヶ月もの間新曲を発売していなかった。

今回4枚目のCDシングルのタイトルは「道しるべ」。これまでの3枚は中居正広が作詞・作曲してきたが、今回のシングルは舞祭組のメンバー自身が作詞・作曲を手掛けたという。2017年1月4日に発売される予定でCDの発売元となるエイベックスは「楽曲、MUSIC VIDEO、そして長編映像ドキュメントと、お待たせした分、見どころ満載の作品となっています。」とスタッフブログでコメントしている。

大切な人への”愛”や”感謝”を綴ったという舞祭組初のバラードとなり、これまでの中居がプロデュースした作品とは全く違う路線となりそうだ。

詳細はまだ発表されていないが、ファンの間ではこの”大切な人”がこれまで舞祭組をはじめとしてキスマイの文字通り”道しるべ”となってくれた中居への感謝を舞祭組のメンバーが自ら作詞した楽曲になっているだろうと早くも話題だ。

というのも過去に中居が2014年11月14日号のTV番組雑誌で舞祭組について答えたインタビューにその根拠がある。

以下、引用

舞祭組に関しては、まぁ少しずつじゃないですかね。すぐに何とかなるのは難しいと思うから、すこーしずつ実になればいいなと思いますね。もちろんSMAPとはタイプも違いますけど、僕なんかはおかげさまでいろんな仕事をやらせてもらっているから、後輩たちが目指す通り道のひとつとして、こんな道があるんだよっていう道標になれたらいいなとは思っています。僕らの前にもマッチ(近藤真彦)さん、シブがき隊、少年隊、そして光るGENJIというモンスターがいて、そびえたつ壁があまりにも大きくて、飛び越えるなんて無理で。

僕らは穴を掘って突き進むしかなかったですからね。最初はスコップもないからスプーンで掘って地下から出てくるイメージ。舞祭組もいきなり飛び越えるのは無理だから、穴を掘ることも大事なんじゃないのかなって。こういう道もあるんだよってことですよね。

でも、僕も自信がなければ舞祭組の仕事を引き受けていないですから。やるからにはちゃんと責任を持って詞も曲も書かなきゃと思っていましたから、実は2枚目の「てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ ~だれのケツ~」も今年のお正月くらいから考えていたんですよ。

引用:TVガイド

また二階堂高嗣も雑誌で「相談したい先輩は?」との質問に対して、「相談したい先輩はいない。同年代にも相談しないし、友達にもしない。ひとりで模索する。どうしても相談しないといけない状況になったら、中居(正広)さんかな。具体的なことは言わないんだけど、光明だけ与えてくれる。道しるべのようなものを作ってくれる気がするんだよね。」と語っており、やはり”道しるべ”が中居を指しているのは間違いないだろう。

中居が自らプロデュースをしていた舞祭組

結成の経緯は2013年10月に「キスマイBUSAIKU!?」にゲストとして出演した中居正広がフロントメンバーの北山宏光・藤ヶ谷太輔・玉森裕太と比較して、後ろ4人が目立っていないと指摘。そこで4人のグループを結成し、自らプロデュースを手がける。

中居は楽曲提供だけでなく、ミュージックビデオや振り付けまで全てプロデュースするという力の入れようだった。

しかし4曲目を中居がプロデュースしないというのは、明らかにSMAP解散騒動の影響があるのだろう。仮にSMAPがこのまま解散となった後も中居自身はソロとしてジャニーズ事務所に残るため、プロデュースを辞める必要はない。この1曲は感謝ソングということで舞祭組のメンバーが作詞・作曲を手掛けたが、5曲目はまた中居正広がプロデュースするという形に戻るのだろうか。

しかし舞祭組が今後ジャニーズ事務所の所属タレントとして活躍していくには旧派閥である飯島派から完全に脱却する必要もあるだろう。今年事務所の猛プッシュでHey!Say!JUMPが大きな飛躍を遂げているが、来年はキスマイ・舞祭組もメディア露出を増やしていくことができるかもしれない。

これまでの舞祭組のCDシングルは最高でもオリコン2位。この作品で念願の1位を取ることはできるのだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク