Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔「ベストジーニスト2016」殿堂入りに感激。最後はKAT-TUN上田竜也と大接戦

シェアする

10月11日、第33回「ベストジーニスト2016」が発表された。今年は「一般選出部門」にてKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が受賞を果たした。藤ヶ谷太輔は、2014年に初受賞して以来今年で3回目の受賞で殿堂入りとなった。

この日の藤ヶ谷太輔は、ブカッとしたシンプルなジーンズに、赤いチェックシャツに帽子がジーンズをカッコよく引き立ていて、印象的なルックスの私服で授賞式に登場した。今回3度目の受賞で殿堂入りを果たし「憧れている舞台に3回も立つことができ、夢見てた殿堂入りができ、みなさんに夢を叶えさせてもらいました」と語り、喜びと感激の笑顔があった。

2位となったKAT-TUNの上田竜也は46,700票も獲得して接戦を繰り広げたが、藤ヶ谷太輔の“殿堂入り”に応援していたファンの祝福が殺到した。

スポンサーリンク

最終順位

<男性>
1位:藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)/52,716票
2位:上田竜也(KAT-TUN)/46,700票
3位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)/10,019票
4位:玉森裕太(Kis-My-Ft2)/2,847票
5位:中島健人(Sexy Zone)/2,766票
6位:松村北斗(ジャニーズJr.)/1,598票
7位:戸塚祥太(A.B.C-Z)/1,475票
8位:ファンキー加藤/1,268票
9位:山下智久/1,136票
10位:増田貴久(NEWS)/1,049票

Hey! Say! JUMPの中島裕翔、Kis-My-Ft2の玉森裕太、Sexy Zoneの中島健人等の顔ぶれも続き、流石にカッコ良いジャニーズ勢がランキングを独占する結果となり、ジャニーズJr.内のユニット・SixTONESに所属する松村北斗も、3年連続でランクイン。8位のファンキー加藤以外は全員ジャニーズタレントがランキングを独占する快挙となった。

「ベストジーニスト」とは

日本ジーンズ協議会がジーンズを着る楽しさと、ジーンズ商品の持つ意味合いを広める趣旨で開催するもので、1984年のスタートから今年で33回目を迎える恒例のイベントで、全国からの一般投票による「一般選出部門」は、昨年10月から今年8月までの期間にハガキ、ウェブによる投票が行われ応募総数は12万1609票と多く、全国から注目され人気の高さを物語っている。

これまでの歴代“永久ベストジーニスト”は、第15回(1998)に殿堂入りした木村拓哉、第20回(2003)の草彅剛、第22回(2005)の浜崎あゆみ、第27回(2010)の亀梨和也、第27回(2010)の倖田來未、第30回(2013)の相葉雅紀、第32回(2015)のローラに続く通算8人目、男性では5人目となり、ジャニーズが圧倒的人気を得ている。

ジーンズはジャニー社長とお揃い!?

この日、藤ヶ谷太輔が穿いてきたジーンズは何とジャニー社長とお揃いだそうで、「最初の受賞した年のジャニーさんの誕生日に、メンバーと話して、賞を取ったし、あげたら面白いかなと思ってあげましたが、穿いているところを見たことがないんです」とがっかり。

「怪しいなと思っているんですけど、穿いてないんじゃないかなと。今年中に穿いているところを確かめたいなと思います」と苦笑しながら話していた。これからジャニー社長のジーンズ姿に注目だ。

ジャニー社長との出会いは落ちていたオーディション

――そして本作では、様々な運命の出会いが描かれますが、藤ヶ谷さんにとって運命の出会いといえば?

【藤ヶ谷太輔】 やっぱりジャニーさんです。僕、事務所のオーディションで、最初は落ちたんですよ。もともとその日は友達と遊ぶ約束もしてたし、僕としては受かんないでほしいって祈ってたくらいだったんですけど。

――受かりたくなかった のは?

【藤ヶ谷太輔】 振り付けの先生がすごく怖くて! 僕、先生や親とか知ってる人に怒られることは多かったけど、知らない人に怒鳴られたことなかったので(笑)。だから受かりたくなかったし、自分の番号は合格者の中になかったから、「よっしゃ、帰ろう!」と。それで、借りたナンバープレートを「これ、どこに返せばいいんですか?」と聞いたら、その相手がジャニーさんで……。「YOU、初日に僕に話しかけたのはすごいよ」って、合格者に番号をプラスされたんですよ。僕、もう半泣きになりながら飲み物を飲んでたの、今でもすごく覚えてる(笑)。でも、そのジャニーさんとの出会いは、今のすべてに繋がってるんじゃないかなと思います。

――メンバーとの出会いは?
【藤ヶ谷太輔】 Kis-My-Ft2は、年齢も違えば組んでたグループも違 った7人の集まりなんですよ(笑)。

引用:オリコンスタイル 

落ちていたオーディションで、ジャニー社長に声を掛けたことがキッカケで合格したのは、もともと強運の持ち主だからで、ジャニー社長の眼力はそんな運も見逃さなかったといえよう。それからデビューまで意外と長く、下積み時代の苦労で備わったハングリー精神が、今のやる気と学ぶ意欲が培われる基礎となった。

藤ヶ谷太輔の活動は目覚ましく、2016年の1月は日テレ系の連続ドラマで、5月に東京と大阪で舞台に出演。そして6月には映画が公開され、7月から8月中旬までコンサート。その間も新曲をリリース、音楽番組やレギュラー番組にも出演と、Kis-My-Ft2の他のメンバーとは違って1人多忙の1年を送っている。

そして、Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔主演のスペシャルドラマ「バスケも恋も、していたい」(フジテレビ系)初回が、21日から放送された。3夜連続で放送された単発作品で期待されていたが、第1夜は3.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2夜3.4%、第3夜4.3%という低視聴率を記録したという。

番組宣伝が殆んどなかったため、ファンからは視聴率を不安視する声も聞こえていたが、テレビ局関係者を「勝負にすらなっていない」と呆れさせた。だが俳優として活躍する藤ヶ谷太輔。連続ドラマに続いて映画化された「MARS(マース)~ただ 、君を愛してる~」で窪田正孝とダブル主演で評判となった。

演技力があり実力と魅力のある窪田正孝と共演を果たしたことで、数々の刺激を受け多くを学んだ。これからの俳優生活のエキスとして身に付いている。

負けず嫌いで情熱的で常に前向き。Kis‐My‐Ft2のメンバーとして、また俳優としてキラリと光る成長を果たした姿を見せている。更に今後の活躍に注目したい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

🔻Twitterでジャニーズ総選挙など速報中