Kinki Kidsのブンブブーンで光一から剛へ思わぬサプライズ

シェアする

Kinki Kidsの堂本光一と堂本剛がMCを担当し、行く先々で出会った人たちに“おもてなし”をしていくロケ・バラエティー番組「Kinki Kidsのブンブブーン」(毎週日曜13:30~)が、2014年10月26日よりフジテレビ系列で放映されているが、相変わらずユーモラスで絶妙な雰囲気でのロケはとても面白かった。

前回は堂本剛くんがインフルエンザで欠席で心配したが、元気な姿を見せた。2016年4月10日放映された、千原ジュニアと十人十色から「ありがとう」をもらおうと企画された番組内容から、普段そんなに意識せずに「ありがとう」という言葉を掛け合っているが、番組ロケ中に10回も貰おうと思うと大変なのだ!

焦った光一君がワザとらしくなるのも構っていられず、小さなお子さんを自転車に乗せたり降ろしたり、鮮魚店のお手伝いに、お花のプレゼント!をしたり。剛くんはトロのおさしみを買ってあげて「ありがとう」をゲットしたり、3人の努力のかいがあって、あと一息で達成なるも、困った千原ジュニアが兄せいじへ(秘)電話作戦決行!?「ありがとう」が貰えず大失敗だったりして(笑)

最後に光一くんから剛くんへケーキのプレゼントが!?実は剛くんの37歳の誕生日だったのだ。番組最後の10回目の「ありがとう」が剛くんからで、思わずほんのりさせられたが、童顔で若くえる堂本剛も今や37歳になったのだ。

マルチな能力、KinKi Kidsは永遠か

KinKi Kidsといえば、歌が大変うまく素敵で、ドラマや踊りに舞台にと大活躍しているが、かつて生番の音楽番組で、1996年10月にスタートした「LOVE LOVE あいしてる」から始まり「堂本兄弟」へと受け継がれ、18年にわたって続いたが、幅広いファンや共演者、スタッフに惜しまれながら、2014年9月に涙でもってその長い歴史に幕を閉じた。
『LOVE LOVE あいしてる』では、17歳だったKinKi Kidsとともに番組のメインを務めたのは、あの吉田拓郎だ。吉田拓郎にギターを教えて貰ったが、この番組で初めてギターを持ち始めたKinKi Kidsの2人は、めきめき上達し、自分で曲を書いて表現できるミュージシャンへと成長していった。正に『LOVE LOVE あいしてる』と共に大人へと飛翔した番組には相当愛着があったと思う。

これからも何歳になってもKinKi Kidsとして、あらゆる能力を発揮してファンを楽しませて、大活躍してもらいたいと期待して止まない。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク