KinKi Kids紅白歌合戦に初出場濃厚か。タモリ総合司会辞退・SMAPの出演の可能性

シェアする

デビュー「20周年イヤー」に突入したKinKi Kids。9月29日に東京北の丸の日本武道館で17年ぶりとなるアリーナツアーの初日を迎えた。武道館はKinKi Kidsがデビュー前の1994年に初コンサートを開いた思い出の場所であり、ここからKinKi Kidsの2人が生まれ、活躍の第一歩の場所となったステージに感慨深い気持ちで立った。

デビュー曲「硝子の少年」のほか、「ジェットコースター・ロマンス」などの数々のヒット曲をはじめ、先日オリコンアルバムランキング1位を獲得したアルバム「N album」の収録曲も披露。終盤には、11月2日発売の新曲「道は手ずから夢の花」を初披露した。9月29日の日本武道館を皮切りに全国7都市、計14公演が予定されている。

KinKi Kidsはデビュー後はドーム公演が中心だったため、日本武道館はなんと1995年以来21年ぶり。21年ぶりとは到底思えぬ美少年そのままの姿。喜びと苦しみを寄り添って見守ってくれたファンとの歴史は古いが、その長さと愛がKinKi Kidsの成長の証しとなって、より円熟さと魅力を増してファンの前に帰ってきた。

堂本光一(37)は「2、3年前から考えていたことが実現した。近くでKinKi Kidsを感じていただける贅沢な空間になれば」とファンへの恩返しを誓った。また堂本剛(37)は「一体どうなるかわからないまま、何かが動き出した思い出の場所」と振り返った。日本武道館の収容人数である14,471人も集めファンの歓声に沸いた。

スポンサーリンク

KinKi KidsのNHK紅白歌合戦に初出場となるか

例年12月後半に京セラドーム大阪で、年末年始に東京ドームでコンサートを行ってきたKinKi Kids。今回はこのスケジュールが入れ替わり、12月22、23日に東京ドームで、堂本光一の誕生日である2017年1月1日と翌2日に京セラドームでコンサートを行うことが決定された。

これだとNHK紅白歌合戦の出場が可能になる。年末は紅白歌合戦を視野に入れてなのかと期待されている。

KinKi Kidsとしては、紅白歌合戦にジュニア時代にSMAPのバックダンサーとして出演して、また1996年には近藤真彦(52)の応援ゲストとして、そして1999年は企画コーナーにしている。KinKi Kidsとしては意外な感じだが、未だに正式に出演したことがない。

2人は開演前の取材で「新しいカタチを提供したい」と前向きに受けとめ、出場となれば光栄だと返答していた。9月21日には約2年振りとなる最新アルバム「N album」もリリース。デビュー20周年を迎えた2人は、更なる「新しいカタチ」の出発点となれば良いと抱負を語っている。

SMAPのNHK紅白歌合戦の出演は絶望的か

NHKは早々に「紅白歌合戦」の総合司会はタモリにオファーをしたと報じられていた。大晦日に解散してしまうSMAPを出場させるためにも、タモリの力を借りたいと考え交渉。そのタモリも71歳となり引退を考えていたので、今まで断り続けていた紅白の総合司会を自ら乗気で了承したと報道されていた。

タモリとSMAPの中居正広、草彅剛、香取慎吾は、「笑っていいとも」に20年も出演。公私にわたって親しく交際していた関係上、SMAPもタモリの誘いなら出演してくれるのではないかと期待されたが、結果的にタモリは今年も司会を辞退したという。残念ながらタモリの司会でSMAPの花道を飾るという最大のイベントは実現しなくなり儚い夢と消えた。

NHKとしては年内で解散するSMAPへのオファーを行う意向のようだが、ジャニー喜多川社長はもとより、ジャニーズ事務所の幹部はKinKi Kidsをなんとかして初出場させることを念願しているという。しかし、どう考えても現状ではSMAPが5人そろって歌うことは至難の技なので、昨年までのSMAPの枠はそのままKinKi Kidsに移行されることになりそうだといわれている。KinKi Kidsの年末の日程的にもどうやら紅白に出場する可能性が高くなりそうだ。

メリー副社長の退任は12月26日

SMAPはこのまま消えていくのか懸念されている。12月26日の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)が最後の放送となる。番組延長でのイベントが期待されているがどうなるか解らない。と同日、12月26日に90歳になるメリー副社長。帝王学を教育して育てた娘ジュリー副社長に社長を譲って引退する日だと言われている。

メリー副社長がテレビ局に対して「うちの子は出さないから」という大きな「きり札」を発動して局を震え上がらせてきた。その切り札として値打ちのあるSMAPを切り捨てた日、SMAPを解散させたジャニーズの最高権力者が可愛いわが子ジュリーに全てを譲って引退する。

皮肉にも内部からジャニーズ帝国は弱体化する。そのタイミングを狙って、大手芸能事務所が裏で男性アイドルを集めて、仕掛けているとの噂がある。

ジャニーズの力が弱くなったとみると、ジャニーズから逃げ出すタレントが続出すると見られ、また引き抜きが始まると予想している。ジャニーズではタレントが売れても最低5年間は、給料は20万円以内だというが、それでもジャニーズが業界No.1の力があって他では働けない縛りがあったからタレントは我慢した。

KinKi Kidsの2人が語るSMAPに向けて

かつてバックダンサーを務めたSMAPの解散について、堂本光一は「勝手ながら、直属の後輩と思っていたので残念です。でも僕らにとっては育ててくれた、偉大な先輩であることにこれからも変わりはないです」と話した。

堂本剛は「お兄さんたちが決めたことに、弟はじっと、そっと理解するだけ。これからもいろいろなことを学ばせてもらいたい」と話していた。

涙が出るほどステキな言葉。KinKi KidsがSMAPをお兄ちゃんと呼んでとても仲が良い。SMAPの後ろでまた踊りたいと願っているKinKi Kidsの願いが叶う日は来るのであろうか。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事