亀梨和也 公開キスでジャニーズファン騒然

シェアする

1月2日~4日までKAT-TUNのファンミーティング『新春勝詣』が行われました。会場となった横浜アリーナは、アリーナのみ席を用意し、どこに座っても至近距離でKAT-TUNの姿が眺められるファンにとって贅沢な空間となっていました。また、会場の壁一面にメンバーの手型・足型、コンサート衣装、さらには幼少期の写真やプライベートの私物などが飾られ、写真撮影もOKというファンにとっては至れり尽くせりのファンミーティングでした。

しかし、それに先駆けて行われた新アルバム発売イベントで亀梨がファンに公開キスをしていたことが発覚し、KAT-TUNファンだけでなくジャニーズファン全体に波紋が広がっています。

スポンサーリンク

亀梨和也の公開キス暴走は質問コーナーで起きた

コンサート映像の鑑賞やメンバーによるフリートーク、質問コーナーなどが用意されていましたが、亀梨の”暴走”は質問コーナーで起きたそうです。

「亀梨くんをずっと好きでもいいですか?」と質問したファンに亀梨がキスをしたので、これにはその場にいたファンも騒然となりました。この件に関しては、中丸雄一が「チューしちゃえよ」煽るなどしていたようですが、本当にするとは誰も想像していなかったそうです。
KAT-TUNはこれまで握手会や接触系のイベントを開催していなかったため、いきなりキスをしたことで呆気に取られたと同時に「そこまで安売りしなきゃいけない状況なのかな」と不安の声も挙がっています。

3日に行われた『新春勝詣』第2部では中丸が「みんなにキスしたい」と発言と発言したが、これも亀梨にキスを煽ってしまった責任を感じてのフォローではないかと厳しい声が挙がっています。

さらに、亀梨に対しては「1人のファンを喜ばせても、その他のファンを萎えさせてることに気づけ」、「ホストでも客の前でキスはしない」と厳しい声が上がっています。また、「山田(涼介/Hey!Say!Jump)なら血が流れたな」、「自担(自分の応援しているタレント)なら完全に降りる」などとKAT-TUNファンのみならず、ジャニーズファン全体に波紋が広がり、さまざまな意見が飛び交っている状況です。

増えるジャニーズの接触系イベント

近年のジャニーズタレントは握手会や接触系が増えているのは確かで、Sexy Zoneが握手会を開催したり、V6や山下智久のライブではハグなどファンと触れ合う演出も見られています。
しかし、今回ここまで騒がれたのはKAT-TUNのイメージとのギャップが大きすぎたからだという見方もされており、もともとKAT-TUNは”俺様系”で売り出しており、その頃には考えられないようなファンとの距離感がファン離れを食い止める必死さに映ってしまった結果だという人もいます。

接触系目当てのジャニーズファンが増加傾向にある中で、これからKAT-TUNがどういう方向性で売り出していくのかに注目が集まるところです。また、13年築き上げたグループイメージを崩す諸刃の剣となりかねない今回の出来事、ファン離れに繋がらないことを祈るばかりです。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事