スポンサーリンク

亀梨和也がジャニアイでロスマイ熱唱後にKAT-TUN充電期間終了を宣言!?「来年はみんなのところに飛んで行くから」

この記事をシェアする

ジャニーズの若手が出演する舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」(略称ジャニアイ)が12月3日からスタートしているが、本日12月7日の公演ではKAT-TUNの亀梨和也がスペシャルゲストとして登場した。

2011年に「最も多くのショーをプロデュースした人物」としてギネスブックに掲載されたジャニー喜多川社長のギネス認定記念作品としてスタートした同舞台に亀梨が出演するのは2012年以来、4年ぶりだ。

スポンサーリンク

ロスマイではキスマイの二人ともコラボ

ロスマイと略される「lost my way」を歌う時にはKis-My-Ft2の玉森裕太と藤ヶ谷太輔がバックに着くというファン興奮のシーンが。その他、Snow ManやTravis Japanという人気ジャニーズJr.もバックについた。

その後、「絆」「1582」を熱唱。スタッフから”巻きで”の指示が出た時には「もう終わり?充電期間なんでオレこの後も暇なんですけど」などと充電期間をネタのように発言する一幕もあった。

そして亀梨は驚きの発言をする。

「KAT-TUNや亀梨ファンの人には『なんで帝劇の人が亀梨見れるの?』って思われちゃうかもしれないからお友達にKAT-TUNファンのいる人は伝えておいてください。来年はみんなのところに飛んで行くから」

これは充電期間終了宣言なのか、それとも個人として来年の活躍をさらに誓うものだったのか、ファンも騒然となっているようだ。

ファンからは年末に行われる「ジャニーズカウントダウンコンサート2016-2017」での充電期間終了発表というサプライズを期待する声も出ている。カウコンで知られる年末のジャニーズ一大イベントの出演者の中に、現状はKAT-TUNの名前は入っていない。

しかし今回の発言はもしかしたらこのまま活動再開は無いかもしれないと不安になっていたファンにとっても期待のできるものだろう。

とはいえ明確に再開を発言したわけではないため、冷静にいようとするファンも多い。

現場を目撃したファンの声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク