スポンサーリンク

KAT-TUN亀梨和也と山下智久のドラマ動画が2本公開。「ボク、運命の人です。」の番宣では嵐とも共演

この記事をシェアする

4月15日(土)よる10時から放送開始されるKAT-TUN亀梨和也と山下智久の共演で話題のドラマ「ボク、運命の人です。」の予告動画が2本公開された。

同ドラマは亀梨和也が主人公を演じ、運命と信じた女性に愚直にアタックをし続ける。山下は神様を自称し、亀梨に運命の恋を説く謎の男として登場する。

主題歌を2人のユニット「亀と山P」が歌うことでも注目を集めており、出演はヒロインの木村文乃の他に菜々緒、澤部佑、渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)、杉本哲太、大倉孝二、石野真子、田辺誠一らとなっている。

修二と彰として出演した「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)以来、12年ぶりに共演した2人の姿を見てみよう。

スポンサーリンク

「ボク、運命の人です。」の予告動画

「身近な人編」

「運命の指輪ダイブ編」

嵐との共演でカッコイイ対決に注目

放送日となる4月15日にはドラマの直前に放送される「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の3時間SPに亀梨と山下の2人が出演することも決定。「松本潤のTHIS IS MJ」に出演し、”カッコイイ対決”でアクションなどの3番勝負に挑むというから注目だ。

ちなみに松本と亀梨は2016年1月16日放送の「嵐にしやがれ」でもカッコイイ対決で共演したことがあり、それ以来となる。

亀梨と山下は2年前のカウントダウンコンサートで「青春アミーゴ」を歌って以来、仲良くなったというが今後も番宣で他のグループとの共演も増えてくるかもしれない。

上野樹里「アイドルのドラマなんて出たくない」で日テレ出禁!?

亀梨と山下の共演で大注目されている同ドラマだが、水面下では大トラブルが発生していたという。

公式発表の直前までヒロインとして調整されていた上野樹里が共演を拒否。昨年、上野は香取慎吾が主演した「家族ノカタチ」(TBS系)でヒロインを務めたが、その後にバンドTRICERATOPSの和田唱と結婚後、ドラマにまだ出演していない。事務所がOKしたにも関わらず、上野が共演をNGにしたという理由が「アイドルのドラマなんて出たくない」という言い分だったというから、その後日テレ側は上野をしばらく出禁処分にする意向のようだ。

代役となった木村文乃は同じ事務所の綾野剛が日テレの4月期ドラマ「フランケンシュタインの恋」で主演予定ということもあって、バーターともなっている。

上野は2011年にNHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に出演して以降は仕事を好き嫌いで選ぶようになり、NGも多くなってきたと業界でウワサが広まっているだけに今後仕事は減っていきそうだ。

「亀と山P」は山下智久を救う?

週刊女性2017年3月14日号では今回の亀と山Pの結成について、山下智久の窮地を救うものだと報じている。

以下、引用

「実質的な山P“救済”ユニットと見てもいいのではないでしょうか。というのもソロとして意気揚々とリスタートした山Pですが、いまいちパッとしていないのが現状で、扱いに困っていたとも」(芸能プロ関係者)

’11年に8年間在籍したNEWSを脱退し、SMAP元マネージャーのIさんのもとで活動していた山P。が、毎年のように与えられた主演ドラマも、徐々に視聴率は下降。’15年4月の『アルジャーノンに花束を』(TBS系)では、平均視聴率8・6%とひとケタを記録すると、以後は主演を任されなくなった。

歌手としても脱退直前に華々しく香港や韓国、台湾を含めたアジアソロツアーを慣行するも、ふたを開けてみれば以後はオリコンランキングで1位を逃すことも。

「ワイルド系になったりエロ系になったりとキャラ変更が続き、明らかに“迷走”していたように見えました。またバラエティー番組の司会をしたり、英会話番組を始めたりと新しい道を模索するも結果がついてこなかった。思いどおりにいかないストレスもあったのでしょう。当時は、親友の赤西仁らとの夜遊びがよりどころだったのかもしれません」(芸能レポーター)

そんななかで、赤西軍団は六本木の路上で一般人グループとトラブルになり、山Pが女性の携帯電話を持ち去ったとして書類送検されてしまったのだ。これを境に赤西との接触も禁止され、“謹慎”の意味もあったのか新曲が発表されることはなかった。

そして’15年末、ようやく山Pが動きだした。ジャニーズカウントダウンコンサートで、結成から10周年を迎えた『修二と彰』が『青春アミーゴ』を披露したのだった。

「このときすでに、翌’16年の山Pソロ5周年を記念したベストアルバムの発売、ツアー開催が決定していました。一方でKAT-TUNの活動休止が決まり、浮いていた亀梨とのコラボが企画されていたともいいます。ところがIさんの退社やSMAP騒動も重なり、結局は山Pのコンサートに亀梨がサプライズ出演するだけにとどめられたのだとか」(レコード会社関係者)

つまり『亀と山P』は、山Pにとって1年越しの悲願だったのかもしれない。

引用週刊女性

ファンにとって2人の共演は12年ぶりの嬉しい出来事であるには違いない。

また山下智久は月9でコードブルーの主演も決定しており、昨年SMAPと共に山下のマネージメントも担当していた飯島三智氏の退社で仕事の減少が懸念されたがその心配はなさそうだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク