スポンサーリンク

関ジャニ∞・安田章大から貰ったコネチケの写真を辻希美がブログに載せて大炎上。手越祐也が否定するも存在が証明されてしまう

この記事をシェアする

5月20日頃から起こったNEWS・手越祐也のLINEのタイムラインと見られる画像の流出騒動。そこで手越はコンサートに行きたいと言っていたLINEで繋がっている知り合いに向けて「事務所が今回のツアーから一人40枚とわけのわからないルールを作ってしまい、みんなに観てもらえないことになってしまいました。」と告白。

通常チケットは基本的にジャニーズ事務所の各グループのファンクラブに入り、抽選で手に入れるものだが、かなり競争率が高いだけに手越が示唆したコネチケは抽選に当たらないファンにとって嫌な存在だったが明るみになってしまった。

しかしその後、手越はコンサート内で無料でチケットを配ったことはないと釈明したが、有料でコネチケを販売したことまでは否定しておらず、一部ファンからは「論点が違う」などと批判が出ていた。

そんなコネチケ騒動が冷めやらない中、今度は関ジャニ∞の安田章大にもコネチケが判明した。

辻希美のブログから判明してしまったのだが、今年1月に辻は安田を自宅に泊めたことをブログで明かし炎上したこともある。

そこから4ヶ月近くしか経っていないにも関わらず、再度炎上してしまい安田にとって大きなリスクとなっているようだ。

もらい事故なのは手越。コネチケの存在自体を否定したようなコメントを先日のコンサートでしており、「僕の親も手越~っていう名義でちゃんとFCに入ってくれていますし、自分でチケットを当てて見に来てくれています。」「やっぱりチケットは大事で、当たらない人がいるっていうのもちゃんと分かってるから。常にみんなのこと思ってるって信じてほしいなって思います。」と言っていただけにコネチケの存在が立証されれば信じたファンを裏切ったと言われかねないだろう。

厳密に言うと”有料”のコネチケは否定していなかったのだが、「親もチケットを当てて見に来てくれています」などの発言から有料のコネチケすらないと信じたファンも多かっただろう。

それだけに今回の炎上の批判の矛先が今後、手越に向く可能性もありそうだ。

まずはそのバレてしまったコネチケの内容を見てみよう。

スポンサーリンク

辻希美が安田章大から貰ったコネチケを洩らす

以下が現在のブログの内容だが、チケットの画像部分はすでに削除されている。

tsujinozomi-butai

削除されたチケットの画像は以下のとおり。

tsujinozomi-conneticket

会員番号が800000010というのは考えられないだろう。7番までは関ジャニ∞のメンバーが持っていると考えられているが、10番は番号が若すぎるだけにコネチケであることには間違いなさそうだ。

これには多くのファンから批判の声が殺到している

コネチケの存在を嘆く声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク