丸山隆平に年上の母親という週刊誌報道にスクープ潰しの意図?

シェアする

丸山隆平の父親である丸山貴弘さんが24歳の女性の再婚したことを「女性自身」が伝え、話題になっていますが、何故ジャニーズ側がもみ消すことができなかったのか、その真相について疑惑があるといいます。

丸山貴弘とは

丸山貴弘さんが19歳の時に丸山隆平が生まれており、誕生日の差でこの女性の6歳年上となっています。

またこの女性には2歳くらいの息子がおり、丸山くんにとっては弟になる。

貴弘さんは若いころ役者をしておりイケメンかつマッチョで地元京都では有名。

テレビ番組に息子として隆平くんにマイクが向けられたことがあるくらいだ。

父親はB’zの稲葉浩志似で現在は太鼓職人が本業。ってどうやって稼いでいるのか不思議。隆平くんの仕送りかな?

2012年のボディビル・ミスター京都に選ばれており、離婚する前の母親もボディビルダーだった。今回の報道で両親が離婚したとしったファンも多いという。

結婚相手の女性とは

今回の女性は元々は社会人アメフトの強豪チームのマネージャーをしていた”マッチョ好き”と言われている。
神奈川県出身で先日AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を踊って話題になった県庁で働いていたことがあり、Perfumeのかしゆか似という。

[以下女性自身より引用]
今年の正月休みに、新妻から知人たちにメールが届いたことで入籍が発覚。

シルバーの結婚指輪が光る2人の手には、婚姻届が掲げられていた。

「一年ほど連絡を取っていなかったんですが、二人で婚姻届を掲げた写真が彼女からいきなりメールで送られてきて、ビックリしました。よっぽどうれしかったのかも知れませんが、すぐに“この男性は関ジャニの丸山くんのお父さんじゃない?”って、私達の間で話題になって。確かめたらやっぱりそうだったので、驚いてしまいました」(新婦の知人)

この仰天事態に、丸山本人の感想はーー。

「お父さんが再婚して、新しい母親と義弟ができたことを、丸山本人も喜んでいるそうですよ。紅白歌合戦のパフォーマンスも、去年より力が入ったんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

父親は、一時は遠ざかっていたボディビル大会へ、12年に復帰した理由を専門誌でこう語っている。

「昨年に48歳という年を迎えるにあたって、このままでいいのかなとふと思いました。長男は一人前になり仕事も軌道に乗ってきているし、思春期になった次男や長女はボクがボディビルをしている姿を見たことがないので、父親として頑張ってる姿、挑戦している姿を見せたいと思い、再び大会に出ることを決めました」

発奮の甲斐あって、父親は12年に京都選手権で優勝。成長した息子の姿を見て、今回の“再婚”も決意したのだろう。お互いに刺激を受け合う理想の父子。今年は、丸山がさらに活躍する姿を父に、そしてファンに見せる番だーー。

ところが一方で丸山隆平の身を心配するファンも

「丸ちゃんのお父さんは、一時期やっていたブログで丸ちゃんのファンを集めるお茶会を開いていたそうなんです。そこに、この女性が参加していたとウワサになっているんです。そんなことはないと思いたいですが、もしかしたら新しい母親はファンなのかもしれないと思うと心配で……」(関ジャニ∞ファン)

ジャニーズと敵対している週刊文春ならわかるが、まったく敵対してもない女性自身にこの情報が掲載されたので、何かスクープをもみ消そうとした意図があるのでは?という見方も出ている。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク