【動画】嵐をバックに歌う関ジャ二∞・渋谷すばるの魅力と歌唱力にファン絶賛

シェアする

渋谷すばる(34)がジャニーズJr.時代に「ミュージックステーション」で初出演した時に「愛してる 愛してない」をソロとして披露した。嵐をバックに歌うおさない姿の美少年。その声は一度聴いたら忘れられない程のインパクトがあり、人の心を打つ不思議な響きがあり、一夜にしてスターが誕生したといわしめした魅惑の歌声で人気が急上昇した。

1996年から活動していたが、2002年に関西ジャニーズJr.7人のメンバーで関ジャニ∞を結成し、2004年9月に「浪花いろは節」で全国CDデビューを果たした。他のメンバーも絶賛の渋谷すばるがメインボーカルを務めている。苦労を共にしてきたメンバー同士が仲が良く、関ジャニ∞ならではの関西弁での軽快なノリで、トークに笑いとコントが面白く無限大∞な明るさと魅力を放っているが、渋谷すばるの本音トークがファンの心をぐいぐい掴み取る。

スポンサーリンク

不安と焦りをメンバーと共に乗り越え掴んだ

CDデビューは2004年だが、関ジャニ∞としてのグループの結成は2002年であり、そのデビ ューまでの前後2年間ほどは仕事がなく、メンバーはアイドルと平行してバイトをして食いつないだ時代があった。渋谷すばるが番組の中で苦労を語っていた”16才の頃仕事がなくてお金も全然なくて、小遣い稼ぎに日雇いの仕事に朝から並んで仕事に就いても、何せ小っちゃくてガリガリなので仕事にならなくて「せっかく来てくれたんやからこれ持って帰り」と言われて2千円を手渡してくれた。それ持って仲間と遊びに行った”と嬉しそうに語ったていたが、ジャニーズタレントとして将来が見えない苦悩と、食べれない時代を耐えて乗り越えて掴んだ苦労人の渋谷すばる。

関ジャニ∞渋谷すばるしか出せない味、そんな歌の時代の到来

2015年「味園ユニバース」で映画初主 演を務め、第19回ファンタジア国際映画祭 最優秀主演男優賞を受賞。ソロシングル「記憶/ココロオドレバ」を発売、2015年と2016年ソロコンサートを行いファンを魅了し、渋谷すばるくん初のカバーアルバム「歌」が2016年2月10日に発売された。全8曲で、キャロル、RCサクセション、オフコース、松田聖子、竹内まりや、サザン オールスターズ、宇多田ヒカル、安全地帯と、幅広く女性の歌も熱唱。

ファン待望の関ジャニ∞が今年の夏も、全国のアリーナを回るイベントツアー「関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ」を開催することが決まった。7月から千葉・幕張メッセを皮切りに、埼玉、和歌山、名古屋、沖縄、徳島そして、9月新潟まで、全7都市で公演!地元大阪がないのは気になるところだが、もう活躍が止まらない渋谷すばるに心から声援を送りたい。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事