スポンサーリンク

錦戸亮が7月期・日テレ土10のドラマに主演と週刊文春が報道。来年公開の主演映画「羊の木」は既に撮影中

この記事をシェアする

フジテレビの月9枠に4月から相葉雅紀の「貴族探偵」が正式に決まったとめざましテレビのフライング発表を報じたばかりだが、同枠では7月には山下智久、10月には木村拓哉の主演で調整が進んでいると言われている。

一方、キー局の中で視聴率3冠に君臨している日本テレビは強化している土曜日の夜を4月から改編。これまで22時に放送されていた「嵐にしやがれ」は21時に移動し、21時から放送されていたドラマは22時に移動となる。その枠の7月クールに錦戸亮の主演が決まったと週刊文春が報じている。

スポンサーリンク

錦戸亮が日テレ土10枠の7月クール・ドラマの主演に内定

日テレの土曜日枠は19時から相葉雅紀も出演する「天才!志村どうぶつ園」が放送されており、20時からの「世界一受けたい授業」を挟んで21時からは嵐のメンバー全員出演の「嵐にしやがれ」と3時間バラエティが続く。そして22時のドラマ枠では4月からKAT-TUNの亀梨和也の主演ドラマが内定済み。

正式発表はこれからというタイミングだが、なんと7月からは関ジャニ∞の錦戸亮の主演が内定しているようだと週刊文春が報じている。

昨年まで三年連続視聴率三冠王の日テレは、今年も足元を固めるのに余念がない。

「改編は少な目ですが、土曜午後十時の人気番組『嵐にしやがれ』と午後九時のドラマ枠を入れ替えます。うちで唯一数字がパッとしないのがドラマ。高視聴率バラエティから、そのままドラマを見せるという狙いです。そのドラマも四月は亀梨和也、七月は錦戸亮が主演。土曜夜はジャニーズとガッチリ組んで若者向けに盤石の態勢を敷きます」(日テレ社員)

引用:週刊文春

錦戸亮の連続ドラマといえば2011年に「犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜」に主演し、同年には新垣結衣が主演する「全開ガール」に準主役として出演。

以降は2012年「パパドル!」(TBS系)、2013年「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」(フジテレビ系)、2014年「ごめんね青春!」(TBS系)、2015年「サムライせんせい」(テレビ朝日系)と毎年連続ドラマの主演作があったが、昨年は主演作は無かった。

2012年の「パパドル」の平均視聴率は8.2%、「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」は8.7%、「ごめんね青春!」が7.7%と結果があまり出なかっただけに、2015年には深夜枠ドラマの主演に”降格”されたとも言われていた。

しかしその2015年「サムライせんせい」は23時15分〜0時15分という深夜帯にも関わらず最終回は7.3%と高視聴率を誇った。その実績を持ち、満を持しての22時枠のドラマで再度結果を出すことが重要だろう。

映画「羊の木」に主演も決定。既に撮影中

放映は来年となるが、映画「羊の木」に主演が決定している錦戸はすでに昨年10月から撮影に入っている。

hitsujinoki

映画「羊の木」公式HP

同作は「がきデカ」などで知られる山上たつひこ原作で、「ほのぼの」で有名ないがらしみきお作画のコミックが原作の実写化映画。2014年にはメディア芸術祭優秀賞を受賞。過疎化した町が凶悪犯罪に手を染めた元受刑者たちの身元引受人となり、その元受刑者たちと住民との不協和音、町の人々の日常が狂い始めていく様を描いているサスペンスだ。

錦戸は町に移住する元犯罪者の受け入れ担当となった市役所職員の役を演じ、ほかにキャストは木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平など豪華俳優陣が発表されている。監督は吉田大八で、手がけた作品としては「桐島、部活やめるってよ」、「紙の月」などが代表作だ。

錦戸のサスペンス映画での主演は初。映画に主演するのは「抱きしめたい-真実の物語-」以来、2年ぶりとなる。

錦戸は以下のようにコメントを発表している。

「僕自身、約2年半ぶりに撮影する映画で、さらに初めてのサスペンスになるのでとても楽しみ(?)というか、ソワソワしています。監督をはじめとして、キャストの方も初めてご一緒する方々ばかりなので、一癖も二癖もある共演者に「月末」として精いっぱい翻弄されたいと思います。どうぞご期待ください!」

来年の映画主演は正式発表がされているが、ドラマの主演はまだ週刊文春で報じられた日テレ関係者からの情報のみ。正式発表が待ち遠しいところだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク