スポンサーリンク

村上信五がサッカー観戦後、ラジオの生放送を遅刻。超ハードスケジュールにファンから心配の声が相次ぐ

この記事をシェアする

昨日のサッカー日本代表がワールドカップを決めた試合で、NEWS・手越祐也の目撃情報が相次いでいたが、関ジャニ∞の村上信五も現地を訪れていたようだ。しかしかなりの過密スケジュールを縫って観戦しに行ったようで、ファンからは心配の声が相次いでいる。

村上は、少年時代はバスケットボール部だったものの、手越同様に今ではフットサル(少人数制のサッカー)が趣味。元セレッソ大阪(現・FC東京)の大久保嘉人とも友人関係にあり、2014年には加藤浩次と「SAMURAIキャスター」というワールドカップのTBSキャスターを務めたことがある等、サッカーに対する愛着は深い。今回もTBSで同様の番組があった場合、MCに抜擢される可能性も高いだろう。

今回のサッカーの試合について村上は完全にプライベートでスタジアムに駆けつけたという。しかし取材陣に囲まれ、今回の試合について「浅野選手は前半に、井手口選手は後半に、『ここだ!』という最高の時間に喜びと興奮を与えてくださいました。ひやっとした場面もありましたが、オーストラリア相手に完勝!ロシアに向けて最高の形で足を運べるのではないでしょうか!」としっかりコメント。

代表については「サウジアラビア戦は残っておりますが、ひとまずは、選手の皆さまはじめ関係スタッフの皆さま、本当にお疲れ様でした。そして、日本をロシアへ連れていってくださり、ありがとうございました」と仕事さながらコメントを出し、スポーツ誌などで報じられている。

それではそんな村上の姿を見てみよう。

スポンサーリンク

村上信五がワールドカップを決めた試合を観戦している模様

murakami-soccer1

murakami-soccer2


murakami-soccer3

murakami-soccer4

実はこの日、サッカー観戦の前に島茂子のリサイタルを訪れ、その後、ラジオの生放送「レコメン!」(文化放送)にも10分ほど遅刻で出演。

それでなくても現在テレビ番組9本・ラジオ番組2本のレギュラーを持つという超過密日程でファンからその過密スケジュールに心配の声が以前から上がっていた。新曲の歌や踊りの振り付けだけでなく、最近ではレギュラー番組や新曲で楽器を使うことも多いため、その練習の時間も必要だろう。

同じグループの錦戸亮は「お前はなんぼレギュラーやんねん」とツッコめば、渋谷すばるからも「まだ稼ぐの!?」と言われるほど。

関ジャニ∞のメンバーからドン引きされるスケジュールにも関わらず、プライベートも怠らないその村上の姿勢にファンは改めて感心すると同時に心配の声もあるようだ。

ファンの声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク