スポンサーリンク

ジャニーズJr.のスキー場利用情報を従業員がSNSに投稿し炎上。Love-tune・安井謙太郎や阿部顕嵐らが被害

この記事をシェアする

有名ホテルチェーンの従業員でスキー場に勤務しているジャニーズファンの女性が、施設を訪れたジャニーズJr.のメンバーの利用情報をSNS上に投稿し、物議をかもしている。

たびたびネット上で炎上するお店等のスタッフによるSNS上への利用情報投稿だが、昨年にも帝国ホテルの従業員がAKB48の渡辺麻友の利用情報をSNS上に「渡辺麻友いたんだがwww」「帝国ホテルで俺働いてるんだけどいたよw何やってたのかは知らんけどwww」と投稿し、たちまち炎上。過去にはウォスティンホテルに勤務する女子大生従業員が「サッカー選手の稲本潤一と田中美保がお泊りした」と暴露し、問題にもなった。

ジャニーズ関連でいうと2015年に関ジャニ∞の大倉忠義がりそな銀行に来店した情報を従業員の家族がSNSに投稿し、りそな銀行が謝罪文を掲載するほどの問題に発展していた。

今回問題となったジャニーズJr.の被害とは次のとおりだ。

スポンサーリンク

ジャニーズJr.の人気グループLove-tuneのメンバーが被害

被害にあったのはLove-tuneのメンバーである安井謙太郎、阿部顕嵐、長妻怜央、諸星翔希、萩谷慧悟の5名。テレビの収録ではなく、プライベートで行ったみたいなので同グループ内で仲の良い様子が伺える。

問題の発端はスキー場勤務の従業員と見られるTwitterアカウントが2月17日に「手震える。 私の働いてるスキー場にJrが多数…券売ったwww」と投稿。

このTwitterアカウントはすでにアカウントごと削除されているが、元のプロフィールからKis-My-Ft2の横尾渉とジャニーズJr.のグループ・Snow Manの岩本照のファンである未成年の女性社会人と見られている。

さらに「芸能人に会いたいとかいうクソみたいな理由で入社したけど正解だわ もう帰ったから正解発表します。 安井、萩谷、顕嵐、長妻、諸星」「顕嵐対応した! 携帯触った!電話番号みた!笑」と投稿したことからファンの批判を浴びて拡散し、問題が発覚した。

特にファンが問題視したのは、身分証明書を閲覧したとアピールしていた点。情報自体を漏らしたわけではないのだが、一部のファンは「身分証・電話番号を見たことをアピールしています。こちらに行かれる方は気をつけてください。」と注意を呼びかけるようになっていた。

阿部顕嵐は「マジ部」というアプリの”雪マジ”という19歳・20歳を対象にリスト券が無料になるキャンペーンを使ったようで「流れ作業ではい、次の方どうぞ〜、身分証明書と携帯画面ご提示お願いします〜、(携帯と身分証明書受け取る)はーい、ありがとうございまー…(阿部顕嵐という文字が目に入る。同姓同名か?!すご!チラっと顔を確認。え!本人かい!爆笑&手の震え リフト券こちらになりまーす(震え声)」と投稿したもの。阿部顕嵐については「超絶良い人だった。言葉使いきれい。しっかりしてるわあの子」と感想を述べている。

確かに軽率な投稿と言われても仕方がないだろう。

さらにサイゾーではこのホテルがどのチェーンかまで突き止めたようだ。

以下、引用

「女性のTwitterによると、Jr.たちはスノーボードのためスキー場を訪れ、メンバーが『マジ☆部』というアプリを利用したことまでレポートしていました。阿部は19歳を対象にリフト券が無料になるキャンペーンを使ったため、スタッフであるこの女性が携帯電話や身分証明書、電話番号を確認したとのこと。この女性は危機管理能力が低いようで、過去にはインスタグラムに自身の社員証までアップしていたことも判明し、これらの情報から個人名や職場が特定される事態に。女性は長野県にある軽井沢プリンスホテルスキー場のスタッフとみられます」(ジャニーズに詳しい記者)

プリンスホテル系列とジャニーズの接点はさまざまで、かつてNEWSや若手ジャニーズが出演した舞台『SUMMARY 2005』は品川プリンスのステラボールで公演され、直近では『プリンスホテルズ&リゾーツ 2016-2017年冬のTVCM』に、V6の楽曲「足跡」が起用されている。そのため、一部ファンは「プリンスホテルのCMにV6の曲使ってるのにこんな社員がいるんじゃ行かない」「大手のホテル社員が個人情報を盗み見てSNSで拡散なんてありえない。有名人が来店したと晒すのも完全にアウト」と、呆れ返っている。

「阿部らの携帯番号や写真などは公開していないものの、来場したのがJr.本人だとすれば、顧客の利用情報をネット上にアップしただけでも、何らかの処分に値する可能性が高いでしょう。また、この女性スタッフはKis‐My‐Ft2・横尾渉のファンであることから、『横尾』という名前の利用者は会員でなくとも自己判断で“値引き”しているといった行為を行っていることが、過去のツイートで判明しました」(同)

引用サイゾーウーマン

その他、過去の投稿からは未成年であるにも関わらずチューハイを飲酒していたかのような写真をアップし、問題視もされていたようだ。

ホテルが従業員の指導を徹底するのはもちろんだが、不特定多数の人が閲覧しているSNS利用のリテラシーについて改めて考えさせられる一件となりそうだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク