スポンサーリンク

人気ジャニーズJr.が脱退して結成したG=AGE(G-EYE)の事務所経営者が逮捕。解散の理由はまさか!?

この記事をシェアする

人気ジャニーズJr.が集まって結成されたユニットの芸能プロダクション「G=AGEプロモーション」元経営者で、無職の熊谷裕樹容疑者が逮捕されたことが明らかになった。

容疑は2014年8月ごろ、都内のホテルで当時15歳の高1少年とみだらな行為にふけり、全裸の写真をスマホで撮影した疑い。昨年10月に少年の保護者からの警察への相談で発覚したという。逮捕容疑は児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)と児童福祉法違反の疑い。

さらに2013年に同少年と知り合ったという熊谷容疑者は首に1週間のけがを負わせたとして、今年6月に傷害容疑で逮捕されていたという。

G=AGEは2016年3月に結成された男性5人組ボーカルダンスユニットだが、メンバー4人がなんと元人気ジャニーズJr.。TASYとVASAは「G-EYE」(年長組)、FUMITOとMAHIROとROIは「NEW→AGE」(年少組)の5人組で、バックダンサーにはG-BOY’Sという研修生が13人所属していた。

しかし2016年12月にはG=AGEのリーダーであるTASYが田島将吾(本名)でTwitterを開設。TASY,VASA,FUMITO,MAHIRO,ROIがG=AGE及びG-EYE,NEW⇒AGEを学業との両立を理由に脱退した事を報告し、裏で何があったのか波紋を呼んでいた。

人気ジャニーズJr.が脱退し、大手メディアに出演ができないにも関わらず、1stシングルの「Age of Future」はオリコン1位。期待が高まっていた直後の解散。そして今回のまさかの報道がファンを震撼させている。

警視庁は熊谷容疑者が少年らを食い物にしていたとみて調べを進めているという。

グループには田島将吾の他、ヴァサイェガ光など元人気ジャニーズJr.が所属していただけに、解散の本当の理由が気になるところだ。

スポンサーリンク

ファンの声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク