スポンサーリンク

ジャニー社長が死亡説に言及。さらにCDデビュー打ち止め報道も否定

この記事をシェアする

先月一部メディアに駆け巡ったジャニー社長の死亡報道。6月6日、ジャニーズJr.の人気グループMr.KINGが応援サポーターを務めるイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」の会見後にジャニー社長が会見に応じ、「死にませんよ、絶対に」と笑いながら否定した。

今年10月で86歳になるジャニー社長は「面白いですよね、死ぬの待っているみたいで。そのときは、みなさんにご報告しますから」と一蹴。「年寄りですから当たり前ですよ。元気ある方ですよね、この年にして。体調はしょっちゅう崩している。ご飯も食べるし負けてない。心配は自分自身ないですから」と最近の調子を語った。

ジャニー社長といえば先月ジャニーズJr.に対して「当分、デビューはさせない」という発言が話題になったが、今回取材に応じたのにはその真意を説明したいという意図もあったと見られ、改めてその報道にも言及している。

スポンサーリンク

ジャニー社長がデビューさせない報道について改めて言及

問題の発言は5月22日発売の女性誌でのジャニー社長のコメント。しばらくジャニーズJr.のCDデビューがなくなると報じられ、ファンの間で混乱が広がっていた。

この報道に対してジャニー社長は「そういうことはない」と否定。グループ結成からデビューまで時間をかけて育成する方針は昔からだとして「少年隊の頃からそういう方針。なんで今になって言うの?」と説明している。

改めて教育方針について「一方的にレコードを出すだけでなく、世の中のすべてをやっていかないといけない。『すぐにスポットライト浴びればいいや』というのは、本人がかわいそう。勉強させて、やっと一人前になれる」と語っており、ファンも一安心となりそうだ。

ファンの声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

🔻フォロワー4千人突破🔻

スポンサーリンク