ジャニーズ事務所が渋谷の新オフィスへ移転。MTBビルの評価額はなんと80億円

シェアする

日本を代表する芸能事務所となったジャニーズ事務所。

今年の年始あたりからJR渋谷駅新南口に新本社ビルを取得して、移転すると噂されていたが 、なんと80億円近い高層ビルに移転していたようだ。

芸能事務所で大型のオフィスビルに入居する例は少ない。数々の稼いだ利益をファミリーで相続するためにも莫大な資産に投資してきたジャニーズ事務所ならではのオフィスかもしれない。

スポンサーリンク

ジャニーズの新オフィス

MTBビルという新たなオフィスの住所は東京都渋谷区渋谷3-29-24。現在渋谷駅南街区プロジェクトが進行している場所だ。

mtb新オフィス:渋谷 MTBビル

以前のオフィスは既にもぬけの殻となっている。

zenjimusyo旧オフィス:乃木坂

新オフィスは全面ガラス張りで12階建て。車で地下まで入ることもでき、マスコミの追跡などをかわすこともできるようになっているようだ。

とはいえ2015年6月2日「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で中居正広は「ジャニーズ事務所に行ったことが無い」(正確には六本木に所在していた時は行ったことがあった)と発言しており、オフィスにいたとしてもタレントはあまり訪れないのかもしれない。Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔はレッスンで行くことを明かしていた。

どうやらジャニーズJr.などレッスンに通うことはよくあるようだ。

以下、フライデーから引用

本誌がこのビル周辺を取材していたある日の夜7時過ぎ、イケメンの少年たちが次々とビルから出てきた。

「お疲れさまでした!」

と年上の少年に頭を下げる子もいる。見たところ小学生から、中学生、高校生らしき少年もいる。とはいえ、服装も髪型も驚くほど垢抜け、普通の少年とは見るからに違う。

細いダメージジーンズをはきこなす少年、つばの広い帽子をオシャレに着こなす少年、見たこともないほど端整な顔立ちの少年―間違いない、彼らはジャニーズJr.だ。

その後も、このビルに数十人のジャニーズJr.の少年が出入りするのを本誌は目撃した。どうやら、週末を中心にこのビルでジャニーズJr.のレッスンが行われているらしい。大人数を収容できる稽古場が完備されているようだ。

それだけではない。ジャニーズ事務所の少なくとも4つの関連企業が、最近になってこのビルに本店を移していた。

ある芸能プロダクション幹部はこう語る。

「ジャニーズ事務所の強みは、タレントを発掘する確かな目と、その人材を育てあげる力にある。また積極的な不動産投資によって、盤石な経営基盤を築いてきた。育成場所も設けた渋谷のビルは、ジャニーズの底力を見た気がします」

引用:フライデー

膨大な所有不動産も

ジャニーズ事務所は関連会社、個人名義で麻布、赤坂、渋谷の不動産を買い漁っており、一説には1000億円ともいう巨額な資金を不動産に投資しているという。赤坂や渋谷の一等地にビル11棟、マンション5件、駐車場まで所有しているといわれている。

家族経営であるジャニーズ事務所はジュリー氏へ資産を引き継ぐために不動産を大量に購入しているという見方も強い。

ジャニーズ帝国はわかっているだけでも十数社の関連会社があり、これが全体像をわかりにくくしている。

SMAP解散で売上1000億円の内、200億円以上が消えると言われているが、これまでに投資してきた莫大な資産で財務的に困ることは無さそうだ。売上高で比較すると吉本興業が約500億円、ホリプロが約200億円だからいかにその売上高が大きいかわかるだろう。

SMAP解散騒動発表の日、その日ジュリー氏は木村拓哉らとともにハワイにいたが、木村拓哉はホノルル屈指の高級住宅街に約2億円、ジュリー氏はワイキキビーチ近くのホテル風コンドミニアムの最上階に約3億6000万円で別荘を購入しているという。

まだまだ人気グループは成長してきており、嵐は昨年約330億円もの売上があった。

ジャニーズ帝国の投資資産はまだまだ増えていきそうだ。

とはいえ、ジャニーズコンサートのチケットの返金方法について事務手数料が差し引かれたり、勝手に返金期日を延長したり、SMAPのファンクラブの会費を返金するのか・・・等、ファンから苦情も出ている。

ファンあってのジャニーズ事務所。利益をまずはファンサービスにしっかりと使ってもらいものだ。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事