ジャニーズの謎に包まれた売上・利益や資産額。なんと売上は1000億円規模と他の事務所を圧倒!

シェアする

通常、会社法人は自社の会社の決算情報を何らかの手段で公開する必要があるが、ジャニーズ事務所を筆頭としたグループの企業情報については大手マスコミや帝国データバンクなどの調査会社なども調べがほとんどついていないのが実情だ。

しかし過去にいくつか漏れた情報と高額納税者公示制度があった頃の情報等から、おおよそグループの全体像が見えてくる。その実態に迫った。

スポンサーリンク

ジャニーズ幹部の膨大な年収

ジャニーズ事務所の派閥闘争がキッカケとなったと言われるSMAP解散騒動。ジャニー喜多川社長の後継者を藤島ジュリー景子副社長と飯島三智氏が争い、敗れた飯島氏が追い出され、結果としてSMAPに分裂が起こったというのが、騒動の原因の1つとも言われている。

それもそのはずジャニーズ事務所の幹部は日本企業の中でもずば抜けて報酬が高い。

今から12年前の2004年に発表された高額納税者番付の最後の公示では、当時日産自動車のカルロス・ゴーン社長の年収が233万ドル(約2億5000万円)で大企業の最高額として大きく騒がれた。外国人社長が日本企業から大きな報酬を貰っているという構図が当時訪日外国人も少なかった日本ではまだ慣れない現象であったのかもしれない。

ところが実は同じ2004年度のジャニー喜多川氏とメリー喜多川氏の年収は推算でそれぞれなんと約9億円とゴーン社長の3倍以上という巨額の報酬となっていたのだ。

上場企業ではなく、また会社の株式をほぼファミリーで独占しているからこそ、可能な報酬体系とも言えるだろうが、メディアが騒がずにゴーンにだけ目を向けたのは、マスコミに対するジャニーズ事務所の圧倒的な力も背景としてあったかもしれない。

2004年当時はSMAPが依然として急激に伸びている時代。そこから嵐を始めとした他のグループも急激に売上を伸ばしているので、報酬は上がることはあっても下がってはいないだろう。

木村拓哉がジャニーズ事務所の次期幹部を狙っていると噂されるなど、幹部争い・派閥争いが度々報道されるが、この利権のことを考えれば頷けるだろう。

ジャニーズグループの売上は1000億円規模

以下、引用

 『ジェイ・ストーム』にとって「177億円」という売り上げは、これまで最高額であろう。
ジャニーズのグループには、ほかに『ジャニーズ・エンタテインメント』(Kinki Kids、少年隊等のCD会社)、『ジェイ・ドリーム』(SMAPの映像管理会社)、『グローブ座』(劇場)、『ヤング・コミュニケーションズ』(チケット販売)、『ジャニーズ出版』(音楽出版)などがあり、グループ全体では、最低でも300億円規模が見込まれよう。

ポイントとなるのは、所属タレントのCMギャラを収入として扱うジャニーズ事務所本体の売り上げ。
「ある公認会計士がジャニーズの経理関係者に、いくら売り上げがあるのか、と聞いたことがあるそうです。すると、ブレはあるが噂されるギャラ関係の収入は『300~400億円規模はあるのではないか』と教えてくれたという。それで系列会社の売り上げと足すと全体で600~700億円規模が見込まれます」(前出・関係者)

これまでジャニーズの最終的な“利益公表”となる’04年度の申告所得は71億9300万円だった。この数字からいけば、利益率が10%として、売り上げは700億円規模になったはずだ。
これだけ売り上げる芸能プロは、ほかにはないだろう。驚くべきファミリー・カンパニーだ。

引用:週刊実話

少なくとも700億円とされているが、2015年の嵐の売上だけでもファンクラブやコンサートの売上で約330億円と見られている。またSMAPだけでも約200億円。他のグループをあわせると1000億円規模には到達しているのではないかと最近では見られている。

参考までに他の事務所と比較すると

吉本興業:477億円(2011年3月期)
ホリプロ:209億円(2011年3月期)

他の事務所を圧倒しており、ジャニーズグループの売上の大きさがわかるだろう。

とはいえSMAP解散で2016年の損失は大きく、予定されていた25周年ツアーは1席9500円の約100万人動員で95億円とグッズで25億円。ファンクラブで年40億円、CM出演料60億円など合わせると約200億円。今後はソロ活動次第にもなるが、大きな売上減少は避けられないだろう。

参考までに関係各社の利益部分のみ官報で一部公開されていたようなので抜粋する。
※資本金を小さく抑えており、大企業扱いではないため、売上などの情報は公開されていない。

株式会社ジェイ・ストーム
第9期決算公告(2010年3月期)
資本金0.1億円 利益剰余金97.49億円 当期純利益30.86億円

株式会社ジェイ・ドリーム
第10期決算公告(2014年12月期)
資本金0.1億円 利益剰余8.70億円 当期純利益0.74億円

株式会社ジャニーズ・エンタテイメント
第14期決算公告(2011年1月期)
資本金0.3億円 利益剰余金79.91億円 当期純利益4.52億円

それぞれ1~5年ほど前に公開された情報だが、最新情報はどこを調べても出てこない状況だ。

ちなみにグループ企業が稼いだ利益を投資しているのが不動産。判明しているだけで、渋谷や麻布、赤坂にビルを11棟は保有している。事務所近くの立体駐車場もある。

一説には不動産に1000億円を投下しているというが、判明している不動産の総額は約200億円程度だ。

ジャニーさんは現金をあまり信用しておらず、お金は舞台やコンサートの演出に使うか、不動産を買ったほうが良いという方針のようだ。

だからこそジャニーズのコンサートはド派手な演出ができているので、ファンにとっては良いことだろう。そのコンサートで稼いだお金はまた不動産にまわるのかもしれないが。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事