スポンサーリンク

ジャニーズ大運動会2017が遂に開催。課題のデジチケと注目のJUMP対キスマイ

この記事をシェアする

ジャニーズ大運動会が本日4月16日の13時に開演し、19時まで開催されている。

ジャニーズ大運動会自体は不定期に開催しているもので、昨年2016年は5年ぶりに「”東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会」と題して開催され大盛況に終わった。今年は開催されるのかどうか発表を心待ちにするファンも多かったが、結果的にこれまでの野球大会ではなく、大運動会として8年ぶりに開催されることになった。

今大会の出場者はデビュー組からは今井翼(タッキー&翼)、中丸雄一(KAT-TUN)、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、中山優馬。ジャニーズJr.からは、Mr.KING、Prince、HiHi Jet、東京B少年、SixTONES、Love-tune、Travis Japan、その他ジャニーズJr.が参加している。

特に昨年までHey!Say!JUMPとKis-My-Ft2の共演は派閥の関係もあって珍しく、今年は早くも両グループの対決などが事前に注目を集めていた。

競争率は5倍から10倍と見られチケットも争奪戦となったが、幸運にも手に入れることができたファンが現在参加中。また、開場時間が午前11時00分、終了時間が午後7時00分ということについて「時間長っ!こんなに長いんか」「6時間も運動会やるの?」など開催時間の長さに驚きのツイートも見られていた。

しかし先日のジャニーズJr.祭りではデジチケのトラブルでジャニーズ事務所も謝罪文を発表するなど混乱が見られたため、ファンから開催前に不安の声が多数聞かれたが、先ほど開演を迎えたばかりのジャニーズ大運動会2017の様子をお伝えする。

今回もジャニーズJr.祭りと同様にデジチケを利用することになっており、混乱はあったのだろうか。

スポンサーリンク

ジャニーズ大運動会のデジチケで混乱は?

ということで、めんどくさいなどの声は聞こえるものの、トラブルの声は些細なものを除いてTwitterなどでは見受けられず、ジャニーズJr.祭りのような混乱は起きなかったようだ。

前回の混乱の教訓が活かされたのだと思うが、次回のキスマイのアリーナツアーなどでの様子を見て、全グループのコンサートへの本格導入に弾みがつくのは間違いないだろう。とはいえ、本人確認は今回実施を見送られたとみられ、転売防止にこの手法でどこまで影響があるか効果は疑問だ。

改めて前回のデジチケ導入トラブルで起きた事務所側の対応方針について見ておきたい。

ジャニーズJr.祭りのトラブルとジャニーズ側のコメント

4月8日(土)公演のジャニーズJr.祭り、さいたまスーパーアリーナ公演において、ご来場の皆さまには大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

本来、存在しない座席番号がチケットに印刷されてしまっていることが、開場後すぐに発覚いたしました。そのため、一旦全ての皆さまの入場を停止させていただき、新たなチケットの印刷を行いました。これにより、公演時間が遅れ、皆さまに大変ご迷惑をおかけする結果となりました。

今後、このようなことがないように、十分に配慮して参ります。

重ねまして、皆さまに大変不安な思いをさせてしまいましたこと、また、ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

2017年4月9日
コンサート事務局
(株)ヤング・コミュニケーション

引用:Johnnys net

今回は印刷トラブルも無かったため、ひとまずファーストステップはクリアというところなのだろう。

そして事前に注目を集めているHey!Say!JUMPとKis-My-Ft2について週刊女性は以下のように伝えている。

JUMPとキスマイの競争関係

「Jr.も含めたジャニーズグループが紅組白組に別れて、リレーなどさまざまな種目で対決する予定です。当然、JUMPとキスマイを中心に色分けされるのでしょう。

JUMPにとってはまたとないリベンジのチャンスだけに、ファンもまた応援に熱が入ることでしょう。それにしてもジャニーズはうまくライバル関係とファン心理を利用していますよ」(芸能プロ関係者)

そう、JUMPとキスマイは、実はジャニーズ事務所が対決を“あおっている”との見方もある。FC会員数が増えれば増えるほど、潤うのは事務所だ。また両グループの今年初の新曲も、JUMPが2月22日、キスマイが3月1日と1週違いで、まるで図ったかのようなタイミング。

「こちらでもJUMPに負けまいと、キスマイファンがSNSで購入を呼びかける動きがありました。結局、初週売り上げは27万枚のJUMPに対して、キスマイは20万枚と及ばずとも相乗効果があったのは明らかでしょう。今後も2グループは何かにつけて競わせていくのだと思いますよ」(前出・芸能プロ関係者)

引用週刊女性

確かに紅組・白組というグループ分けよりもHey!Say!JUMPとKis-My-Ft2の対決の方が両グループのファンとしては興味深いかもしれない。盛り上がりのために対決ムードを演出していくのは決して悪いこととは思わないが、両グループの成長のために切磋琢磨する関係であってほしい。

今回のジャニーズ大運動会2017は19時までの予定なので現在も進行中。発表された競技種目とHey!Say!JUMPとKis-My-Ft2の組分けは現地のTwitterの声を聞くと以下の通りのようだ。

どうやらHey!Say!JUMPとKis-My-Ft2はグループ内で組みがバラけており、今回のジャニーズ大運動会2017においては事前に週刊女性が報じていたような対立を煽るような意図はジャニーズ事務所もないのかもしれない。

それでも個人戦にはどうしても注目してしまうのがファン心理。対決の結果にも注目だ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

🔻フォロワー4千人突破🔻

スポンサーリンク