スポンサーリンク

ジャニーズコンサート動員力ランキング2016。1位は嵐も1公演あたりの動員力はキスマイがトップに

この記事をシェアする

日経エンタテインメントが毎年恒例となっているコンサートの動員力ランキングの2016年版を発表した。

コンサートの市場規模は昨年に音楽ソフトと有料音楽配信の市場を上回り、右肩上がり。インターネットで気軽に音楽が聞けるようになった今でも、好きなアーティストに直接会うことができ、ファンとアーティストで一体となることができるコンサートの魅力は飽きられることはないだろう。

発表された動員力ランキングは2016年に開催されたコンサートと、年末までのコンサートの会場収容人数を合計して動員力を算出したものだという。

ジャニーズ以外のランキングについては日経エンタテインメントを見て頂きたいが、ここではジャニーズグループの数値のみピックアップした。

そこから見えてくる以外なデータとは――。

スポンサーリンク

ジャニーズコンサート動員力ランキング

1位 嵐

939,000人 公演数32
(前年 1,035,000人 公演数21)

2位 関ジャニ∞

875,000人 公演数35
(前年 923,000人 公演数38)

3位 Hey!Say!JUMP

546,000人 公演数36
(前年309,000人 公演数22)

4位 Kis-My-Ft2

543,000人 公演数11
(前年730,000人 公演数22)

5位 KinKi Kids

339,000人 公演数17
(前年220,000人 公演数4)
※前年は堂本光一ソロで176,000人 公演数12

6位 NEWS

301,000人 公演数18
(前年281,000人 公演数16)

7位 Sexy Zone

198,000人 公演数21
(前年195,000人 公演数13)

50位以内にランクインしたグループのみ
※ちなみにSMAP、TOKIO、V6など今年はまだコンサートを行っていないグループも多い。

しかし公演数の違いに気がつくだろう。そこで1公演あたりの動員数でランキングすると以下のとおり

1公演あたりの動員数

※グループ名の右の数値は1公演あたりの動員数
1位 Kis-My-Ft2 49,364人
2位 嵐 29,344人
3位 関ジャニ∞ 25,000人
4位 KinKi Kids 19,941人
5位 NEWS 16,722人
6位 Hey!Say!JUMP 15,167人
7位 Sexy Zone 9,429人

なんとKis-My-Ft2がダントツで1公演あたりの動員数は多いことになる。公演数が11と少なく、全体では4位につけているが2位以下を大きく引き離す結果となった。

動員数で1位の嵐は5年連続の5大ドームツアーだけでなく、今年4月から9年ぶりのアリーナツアーを開催。ファンにとってアリーナツアーはより嵐を近くで見ることができる貴重な機会だが、その分1公演あたりの動員数は減ったように見える。

しかしもちろん嵐はファンクラブ会員数だけで200万というダントツトップの数値を誇り、そのチケットを入手するのは至難の業だ。全アーティストランキングの中ではBIGBANGに次いで2位となったものの、コンサートの数を増やしてもまだまだ満員になることは間違いないだろう。

一方、1公演当たりの動員数でダントツトップとなったKis-My-Ft2は夏に3年連続のドームツアーを開催。ジャニーズ史上最速でツアー動員数200万人を突破するなど、人気は根強い。SMAP解散問題の影響で新しい仕事が今年少なくなる中、メディア露出を強めているHey!Say!JUMPにファンクラブ会員数で再び逆転されてしまった。

今回も上位にランクインしたグループの中では公演数が圧倒的に少なく、その影響も見え隠れする。昨年は22公演を行っていただけに、今年の公演数は半減したことになる。とはいえ、最近では新CMが決まるなど明るい兆しも見えてきている。

その他、動員数で2位、1公演あたりの動員数でも3位に輝いた関ジャニ∞は昨年は7月から福井、三重、鹿児島など5大都市をあえて外して地方のみのアリーナツアーを行ったことが話題となったが、今年も都市圏に加えて、徳島や新潟、沖縄など地方での公演も見受けられた。12月からは5大ドームツアーを実施する予定となっており、幅広い地域での活動を見せている。

KinKi Kidsは20周年で公演数も増えたことで動員数も大幅に増えているが、急上昇で注目すべきはHey!Say!JUMPだろう。

今年ドラマに映画、バラエティ番組などメディア露出も大幅に増やす中、動員数も昨年に比べ20万人以上も増え、ジャニーズグループ全体でも3位につけた。

ファンクラブの会員数も今年だけで11万人ほど急増しており、この勢いはしばらく続きそうだ。

ジャニーズコンサート総選挙2016では違う結果に

ちなみに今年8月から9月にかけて実施した「ジャニーズコンサート総選挙2016」でファンが期待するジャニーズグループのコンサートを8316票の中で決定したのだが、順位は以下のとおり。

1位 KAT-TUN
2位 嵐
3位 KinKi Kids
4位 Hey!Say!JUMP
5位 Kis-My-Ft2
6位 SMAP
7位 タッキー&翼
8位 関ジャニ∞
9位 NEWS
10位 V6
11位 Sexy Zone
12位 A.B.C-Z
13位 ジャニーズWEST
14位 Mr.PRINCE
15位 Mr.KING
16位 TOKIO

KAT-TUNはコンサートの魅力が高いのはもちろん、充電期間終了を望むファンの声が多かった。

昨日、ジャニアイにサプライズ出演した亀梨和也が来年の充電期間終了を匂わす発言もあり、もやもやしているファンも多い。早く充電期間を終了し、グループでの活動を再開してほしいものだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク