関西ジャニーズJr.とジャニーズWEST

シェアする

ジャニーズは今もなお進化を続ける巨大な男性アイドル事務所ですが、新陳代謝を行いながら、メンバーを選別してきました。

スポンサーリンク

関西ジャニーズJr.に関ジャニ∞以来の大きな動き

“関西ジャニーズJr.のユニットB.A.Dの中間淳太・桐山照史と、7WESTの重岡大毅・小瀧望が、「ジャニーズWEST」というユニット名でデビューすることが発表された。関西からは関ジャニ∞以来、10年ぶりのCDデビューとなる彼らだが、勢いに乗る関西Jr.がいる一方で、事務所を去る者も増えてきている。

今回デビューを逃したメンバーの行く末も不安視されており、今回の「ジャニーズWEST」デビューは波瀾含みの展開となりそうだ”(引用元・サイゾーウーマン)

などとマスコミも報じていますが、固定ファンの多いジャニーズだけに、グループの編成やこれからの展開などを心配するファンも多く、生き馬の目を抜く芸能界と言えど、目立たないメンバーにとってはなかなか厳しい局面でもあります。

事務所から重視される関西Jr

関西ジャニーズJr.の活動自体は活発なようで、2014年6月7日に『忍ジャニ参上!未来への戦い』が公開されることが決定しています。何と全国公開という規模で展開され、関西と名の付くグループながら、全国規模の人気を誇っていることが分かります。事務所のこういった配慮も、ファンたちを長年惹き付けている秘訣なのかもしれません。

この映画の舞台は江戸時代で、西の忍者と東の忍者に分かれそれぞれジャニーズタレントたちの活躍が見られる上、脇には若林豪、京本政樹といった超ベテランの豪華俳優が並びます。監督は実力派の井上昌典だけに、映画としても高いエンターテイメント性を見せてくれるでしょう。

ノンコタニシとは?

豊かな才能集まる関西ジャニーズJr.ですが、面白いブレイクの仕方で最近話題になったメンバーもいます。小瀧望もそのひとりで、なぜか「ノンコタニシ」と呼ばれていると一部ネット上でも話題になりました。尊敬するジャニーズの先輩で元KAT-TUNの赤西仁の名前と自らの名前を組み合わせたのが「ノンコタニシ」で、その奇妙な語感がメンバーのみならずファンにも受け、一躍注目ワードとして世間が知ることになりました。

イケメンとしても有名な小瀧望の意外な一面がクローズアップされ、関西ジャニーズJr.もより注目される存在となりました。

過去には関ジャニ∞など、関東のジャニーズとは一味違うトークセンスを発揮してきた関西のジャニーズから、今も多くの魅力あるタレントが排出されています。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事