山田涼介主演月9ドラマ「カインとアベル」反響の声多数も原作通りなら不安の声も。主題歌のGive Me Loveも話題

シェアする

Hey! Say! JUMPの山田涼介が月9初主演ということで注目を集めている「カインとアベル」(フジテレビ系)の初回放送が17日、15分拡大でスタートした。

山田は今回、初のラブストーリーに挑戦。第1話から早くも話題となっており、女性向け掲示板「Girls Channel(ガールズちゃんねる)」の実況スレッドでは現在コメントが3,000を超え、コメント数は圧倒的1位だ。

「カインとアベル」は旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前から来ており、桐谷健太演じる兄・隆一との“運命的な兄弟”の姿を描いた物語。

しかし実は原作は”人類最初の殺人の加害者と被害者”の話となっており、今後の展開に心配の声も少なくないようだ。

スポンサーリンク

ドラマのあらすじ

高田優(山田涼介)は父が社長の「高田総合地所株式会社」で働いている。しかし次男である優は兄と何かと比較され、他の社員からも冷ややかな目で見られる存在。会社の期待は兄である隆一に集中。会社の重要な案件に優が意見を求められることは一切ない。

ドラマでは「高田総合地所株式会社」の創立50周年記念パーティーから始まる。しかし、いるはずの社長の次男である優の姿が見当たらない。優は1人で飲もうとシャンパンを片手に会場から少し離れた場所へ。そこで優がシャンパンの栓を開けると矢作梓(倉科カナ)のドレスにシャンパンをかけてしまったことがきっかけで、2人は出会う。

慌てて謝る優。その女性と飲んでいると、優は社員に発見され会場に連れ戻された。

しかし後日、アウトレットモール開発プロジェクトチームの一員に抜擢された時、チームの一員として移動してきた梓と再開。物語は始まっていく。

これ以上はネタバレになるので、実際に見てもらいたいが反響の声が続々と届いている。

ファンの声

楽天はコチラ→ Give Me Love(初回プレス盤) [ Hey! Say! JUMP ]

原作通りなら今後のストーリーに不安も

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事