スポンサーリンク

田中聖が大麻の幻覚症状!?ブログで異常事態を訴えていたことが判明

この記事をシェアする

元KAT-TUNでロック・バンドINKTのボーカルとして活動していた田中聖が5月24日に東京・渋谷区の路上で大麻を所持していたことが判明し、大きな騒動となっている。

田中聖といえば、長年薬物疑惑がささやかれており、昨年にはロンブー田村淳の「地上波ではダメ!絶対!」に出演し、覚せい剤使用疑惑を晴らすために抜き打ち尿検査を実施。陰性と判定されていたものの、当然出演に関して事前確認されていたものと見られ、疑惑ははれてはいなかった。

ついに容疑者となってしまった田中聖だが、昨年11月のブログの投稿内容が大麻使用の幻覚症状ではないかと話題になっている。

スポンサーリンク

田中聖が大麻使用の幻覚症状か!?

tanaka-koki-blog

画像は田中聖の公式ブログより

昨年11月に台湾・台中で行われたフェスに参加した田中聖。「台湾すっっげぇ楽しかったよーーー!台湾で待っててくれたみんなもありがとー。会いに行けてよかった。いつかワンマンで行けるように頑張るね」とグループ活動だけでなく、今後の個人での活躍も誓ったその日のブログの後半から異変が見られる。

「ってか最終日の夜よ!夜中さ!」と綴った後、「ホテルの窓をコツコツコツコツ誰かノックすんのよ!ここ21階の部屋だぞと!」とこれだけであれば、ファンが田中聖の部屋を訪れたなどの可能性もあるだろう。

しかしその後、「ってかうるさくて寝れねーよって思ってたら、15分ぐらいそれが続いて少し静かになったなと思ったら今度風呂場からその音がし始めてさ!もううるさくて寝れねーのよ。果たして俺は寝れたのか?」と明らかに幻覚症状と見られる内容を綴っている。

今回の田中聖の事件については一部では手越祐也のスキャンダルを隠すための隠蔽工作ではないかという陰謀論も持ち上がっているが、相次ぐ事件級のスキャンダルにファンから心配の声も多い。

元々2013年9月30日付けで「たび重なるルール違反」を理由にジャニーズ事務所から解雇された田中聖は、副業や奔放な行動が原因と見られていたが、解雇にまで至った原因に薬物疑惑もあったのではないかと一部メディアでは報じられていた。

こんな騒動の中、Twitterでは新生KAT-TUNが話題となっている。そのKAT-TUNとは

K 清原和博
A ASKA
T 高知東生
T 田中聖
U 内田裕也
N 野村貴仁

と昨今薬物関連で逮捕された人物をまとめたもの。

「KAT-TUNに残っている3人の気持ちを考えろ」というファンの怒りの意見が多数見られるが、不名誉な形でKAT-TUNの名前を広げつつあるようだ。

新生KAT-TUNを噂する声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

🔻フォロワー4千人突破🔻

スポンサーリンク