元ジャニーズという肩書に訪れる苦悩と辞めジャニで人気になる方法

シェアする

元ジャニーズといえば、郷ひろみ、田原俊彦や薬丸裕英などといくつか名前が思い浮かぶ人が多いだろう。ただしジャニーズを辞めて、成功したのはごく一握り。前述した田原俊彦が国民的人気から一気に下落したのがいい例だろう。

21世紀からますます加速するジャニーズ事務所の勢い

TV業界はジャニーズ事務所が席巻している。日々ジャニーズタレントがTVでレギュラーを持っているのはもちろんだが、番組の要である司会についても「NEWS ZERO」の櫻井翔、「すぽると」や今度「はなまるマーケット」(元ジャニーズの薬丸裕英が司会)の後続番組である「いっぷく!」が決まった国分太一、NHKで「あさイチ」の司会をしている井ノ原快彦、「news every.」の小山慶一郎、「ZIP!」の山口達也、「Going スポーツ&ニュース」の亀梨和也、「シューイチ」の中丸雄一等々・・・他にもあるが、ジャニーズ事務所が番組の軸である司会を務める番組の多いのなんの。

辞めジャニとは

そんなジャニーズ事務所も気づけば人員を700名程度抱えているが、デビューできるのは1割にも満たない。

またジャニーズ事務所を退所して、通称「辞めジャニ」を語ってTVに出るのはジャニーズ事務所として絶対NGだ。そのため9割の辞めジャニは基本的に芸能界から抹殺されることになる。一部奮闘する者もいるが、TVに出られないとなればいつかは人気がなくなり歳をとる。基本的には芸能会という場所では食えないので他の業界に移ることとなるだろう。

ジャニーズ事務所の圧力

そんなジャニーズ事務所は一般的にどこまで知られているかわからないが、「踊る」「歌う」「イケメン」という三拍子揃ったアーティストはジャニーズ事務所以外、ゴールデンのTVに出演させないという圧力を使って、長年TV業界に君臨している。

深夜帯やローカル番組は例外で、例えばWINDS等も深夜帯やローカルであればTV出演も多かった。

韓流はもともと「韓国系」というジャニーズとは別枠のジャンルで入ってきたものの、東方神起等ジャニーズとかぶるファン層が出てきてからは圧力が強い。一方、日本人でいうとEXILEはそもそもTAKAHIROが加入する前まではいわゆるイケメンという人材は少なく、ジャニーズも静観していた。ただTAKAHIROが入ってからのEXILEは通常ジャニーズが取り込むファン層に食い込んできているので、事務所も歯がゆいはずだ。EXILEの事務所の社長であるEXILEパフォーマーのHIROはうまく既成事実を作りながらEXILEを成長させていると思う。

元ジャニーズで今後活躍する方法

ネット時代になり、メディアの集中が分散されると予想されていたが、まだまだTV、特にキー局の力は絶大。その中で視聴率の取れるジャニーズ事務所はキー局からも逆らえない存在だ。

辞めジャニが成功するにはYoutubeやツイキャス、イベントなどジャニーズ事務所の規制の及ばない領域でファンへのサービスを行い、人気を広めていくのがいいのだろう。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク