森且行タブー解禁の兆し

シェアする

SMAPとして華々しくデビューしたものの、冠番組である『SMAP×SMAP』の放送開始からわずか1ヶ月後に脱退、その後芸能界も引退しオートレーサーに転身した元SMAP 森且行のタブーが解禁されつついます。

スポンサーリンク

SMAP脱退後の森且行

SMAPを脱退した後、森はオートレーサーに転身し、2000年にはレーサーとしての最上位である”S級”を取るなど徐々にその頭角をあらわしていきました。しかし、デビュー後の脱退ということもあり、ジャニーズ事務所は彼の存在自体を「タブー」とし、過去の映像は不自然なほどカットしています。そんな森ですが、最近最近表舞台でも取り沙汰されるようになったのです。

2013年の森且行の動向

2013年4月に福岡ソフトバンクホークスの始球式にオートレーサーとして登場し、話題になりました。しかし、森の表舞台での活躍はそれだけではなく、7月にはスポーツブランド「kappa」のアンバサダーに就任したり、翌8月には所属する川口オートのある埼玉県川口市の警察署で一日署長を務め、各メディアで報道されるなど「雪解けの兆し」が見えつつあり、フジテレビ系列のニュースでも「元SMAP」と表記するなどこれまでにはなかった扱いも出てきています。

SMAP✕SMAPでもカットされず

2013年8月19日放送の『SMAP×SMAP』ではジャニーズ事務所取締役であり、「次期社長候補」とも噂される近藤真彦が「森なんか、すごい頑張って活躍してるし。彼ともモータースポーツつながりで何回か会ったことがあって。それで『(彼の今やっている職業で)もっとメジャーになるには、マッチさん、どうすればいいですかね?』とか、相談してくれたこともあったよ」と大胆告白をしています。

まさかの大胆告白にスタジオは騒然となり、中居正広は「何で言ってくれないんですか!?」と本気で悔しがりました。

本来ならば、編集の段階でカットされているはずのシーンが放送されているということは「すでにタブー解禁になったのでは」という見方が強まっています。最近、打ち切りも噂されている『SMAP×SMAP』ですが、森の出演が高視聴率獲得のチャンスになるのではないかと製作陣も密かな期待を寄せているようです。

森且行復帰のXデーはそう遠くないかもしれません。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事