赤西仁が退所後、初めて公の場に姿。「独立してお金がなかったわけじゃない」

シェアする

元KAT-TUNの赤西仁(31)が6月4日、国際短編映画祭「ショーフィルムフェスティバル&アジア16」のトークイベントに出席した。

スポンサーリンク

赤西仁の最近の行動。中国で大人気

赤西仁といえば、2年前に自主レーベルを設立し、事務所の影響力も及ばない中国で特に人気となっており、数々のアーティスト賞を受賞して大人気となっている。

中国版のTwitterとも言われているウェイボーというサービスではフォロワーも200万人を超えているようだ。

また今年の4月15日に中国マカオで開かれたChina Music Award(CMA)という中国で最も人気の音楽授賞式では「Asian Most Popular Japanese Artist(アジアで最も人気のある日本人アーティスト賞)」を受賞し、改めて中国でどのように受け止められているか認識することとなった。

報道陣の前に姿を現すのは2年以上ぶり

赤西がジャニーズ事務所を対処したのは2014年2月。そこから約2年4ヶ月ぶりに報道陣の前に公式に姿を見せることになった。

今回のトークイベントへの出席は写真家であるレスリー・キー氏の短編映画「PHANTOM」に音楽プロデューサーとして参加したことから実現したと報道されているが、赤西は今月6月22日にニューアルバム「Audio Fashion」をリリース予定でもあり、発売前に報道されることの効果も計算にあるだろう。

赤西はレスリー・キーから8度も駄目出しされたというが音楽を1週間で完成させたという。

またレスリー・キー氏と赤西仁は初主演映画でもある「BANDAGE バンデイジ」がキッカケで6年前に知り合ったという。

トークではレスリー・キーから「(赤西仁は)初めて会った時に短いジャケットを着ていた」という話題が出ると、赤西は「独立してお金がなかったわけじゃないですよ」と退所をネタにして会場を沸かせていたという。

赤西仁の今後の予定

22日のニューアルバムに加え、来月7月9日からは全国ツアーの予定も組まれている。

順風満帆のように見えるが今後については「なんにも考えてないです」と相変わらずそっけない態度だった。

???? ニューアルバムの公式MV Teaser

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事