赤西仁がインスタグラムで「英国ケンブリッジ大学の研究結果」という都市伝説を拡散。しかし賞賛のコメントが相次ぐ

シェアする

元KAT-TUNの赤西仁(31)のInstagramが話題のようですが、その前にこの文章は読めるでしょうか?

みさなん おんげきですか?

すまとーにゃじーず を ごらいんたいだき まとこに あがりとう ごいざます

読めたでしょうか?

「皆さん、お元気ですか?スマートジャニーズをご覧頂き、まことにありがとうございます。」

が当然正しいのですが、こういった内容の投稿を赤西仁がInstagramにしたところ、多くの「いいね!」と「コメント」が殺到しています。

スポンサーリンク

赤西仁の投稿内容


画像には

「この ぶんょしう は いりぎす のケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか にんんげは もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて わざと もじ の じんばゅん を いかれえて あまりす」

と、書かれている。

この投稿に対して

・すごい!仁くん!本当に読めた!

・ちゃんと読めたよ!Σ(・□・;)

・確かにそうだったよ!

・違和感なく読めた✨すげぇ😲

などのコメントが殺到している。

「人間が文字を認識するとき、最初と最後の文字さえ合っていれば、順番はめちゃくちゃでもちゃんと読めるという、ケンブリッジ大学の研究に基づいてつくられています」ということだが、実はこの文章自体は2009年ごろにネット上で出回ったものだがそれを知らなかった人も多く、バズっているようです。

英国ケンブリッジ大学の研究結果というのは実はデマ

しかし実は「英国ケンブリッジ大学の研究結果」というのは都市伝説。

また「文字の順序を変えても読める」といいうのは言語学において科学的には証明されていない。冒頭の文章のようにそれっぽい事例は簡単につくれるのですが・・・

簡単にいうと、よく知っている短い単語の羅列なので誤字の瞬間的に補正できるのが人間の脳の素晴らしいところ。この文字を読める意味は人間の脳の素晴らしさを物語っているのには変わりはない。

今回のような逆さ文字は元々は2009年のウィキペディアの嘘の書き込みが与える影響を調査しようとした人の嘘の書き込みが発端のようです。2ちゃんねるなどを介してそれが拡散していました。

赤西仁がデマと知ってて拡散したのかどうかは定かではありませんが、7年越しでまた話題となったのでした。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事