嵐チケットを2年間で300枚も入手・転売した驚くべき手口。容疑者はジャニーズファンの間では有名な人物

シェアする

9月14日、嵐のコンサートの当落結果発表日に嵐のチケットを高額転売した25歳の女性が逮捕されたというニュースを当サイトでもお伝えした。

調べるとジャニーズの中でも最もチケットが入手しにくいという嵐のコンサートチケットを2年間で約300枚も入手したその驚くべき手口が判明した。

スポンサーリンク

「嵐コンサートチケット高額転売」事件の内容

事件の詳細についてはコチラから見てほしいが、概要だけ説明すると昨年12月に札幌市の20歳代の女性が「嵐のチケットが大量に高額転売されている」と警察に通報したのが逮捕のキッカケ。逮捕された25歳の職業ブリーダーという女性は2年前から約300枚のチケットを売買し、1000万円以上の売上があった。逮捕のキッカケとなった札幌市の女性の通報では嵐のチケット5枚を定価の1.6倍にあたる総額7万円で転売していたという。

事件発覚後、すぐにネットでは最も入手しにくい300枚ものチケットをどのように手に入れたのか疑問の声が上がっていた。

逮捕容疑はチケット高額転売に関する古物営業法違反だが、この300枚は実はファンの間で「交換詐欺」と呼ばれる手口で手に入れていたようだ。

チケットが複数当選した場合、ファンの間で別の日のチケットに交換したいというニーズがある。そこでコンサートチケットは現物なので、お互い郵送し合うのが通常だ。

今回の容疑者はチケットを受け取る一方で難癖をつけてはチケットを送らず、ネットオークションなどで転売していたという。本名でやり取りするときもあれば、偽名を使って交換もしていたようだ。

チケットの仕入れ原価もタダなのだから売上の1000万円以上はまるまる利益として懐に入っていたことになる。

逮捕以前からTwitterでは被害情報が拡散していた

下の2つのツイートは逮捕される前のものだ。

また「嵐チケット掲示板」(15年12月24日)にも記載がある。

「香川県在住の山中いづみと名乗る人と、トラブルにあった方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いいたします。現在公演期間中ですが、上記の方とのお取引は絶対にやめてください」

嵐だけでなく、NEWSなど様々なグループのファンで要注意人物とされていたようで、これらの書き込みを始め、多数の被害報告があった。

チケットで稼いだお金をペットショップの開業資金に

2年間で1000万円以上を稼いだ山中容疑者は今年2月から香川の実家で夢だったブリーダーとなりペットショップを始めている。昔からブリーダーの専門学校で勉強して、動物の美容室で経験も積んでいたようだ。

子犬・子猫の販売をしており、HP上の「オーナーご挨拶」と題したページでは

可愛い子ばかりです。

きちんと計画を立てて繁殖をしています。

1匹1匹ときちんと向き合い愛情を注いでいます。

みんな元気に成長しています。

私にとって、親犬たちは大切な仲間であり家族としています。

大切な家族を探すお手伝いが出来るように精一杯させて頂きます。

販売していたペットの入手手段は交換詐欺などではなく、本当に繁殖したのものだと信じたいが・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

🔻Twitterでジャニーズ総選挙など速報中