スポンサーリンク

V6のメンバーと口を聞かなかった岡田准一と嵐は無くなると思っていた櫻井翔。引退も考えた衝撃的な過去を夜会で告白

この記事をシェアする

12月8日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)にV6の岡田准一が出演し、そこで衝撃の過去を告白した。

岡田は12月10日から公開される映画「海賊と呼ばれた男」で共演している鈴木亮平と共に出演。番組では岡田と櫻井が初めてサシで飲みに行くという企画でお互いのこれまでのアイドル人生の苦悩について初めて明かした。

1995年8月にジャニーズ事務所に入所した岡田と同年10月に入所した櫻井。櫻井の入所から1ヶ月後、岡田はV6としてメジャーデビューし、わずか3ヶ月でのデビューはジャニーズ最速だ。

それから岡田のバックでジュニアとして踊る日々も続いた櫻井だったが、嵐としてデビュー後に2人の距離が近づくキッカケとなったのが、2002年に岡田が初めてドラマ単独主演を務めた「木更津キャッツアイ」(TBS系)での共演。番組が終了しても、お互いを「ぶっさん」「バンビ」と役名で呼び合うようになり、兄弟のように仲が良くなったという。

番組ではドラマが終了して7年後のNHKのとある番組での岡田のインタビューを放送し、「未だに役名で呼び合っています。バンビと呼んで、ぶっさんと呼ばれる仲」と確かに仲は良かったようだ。

一方の櫻井の過去のインタビューでも岡田について「戦友と言いますか、特別な仲間です。」と語っていた。

しかし番組が最近の2人の様子をリサーチしたところ、状況が一変していることが判明した。

スポンサーリンク

最近の岡田准一と櫻井翔の仲は?

7年前は確かに役名で呼び合っていたようだが、最近のVTRでは共に「岡田くん」「櫻井」と呼んでおり、一切役名で呼び合っていなかった。いつの間にか2人の間には微妙な距離感が出来ており、有吉はここで”ビジネス仲良し疑惑”を追及し始めた。

今でも後輩の中で一番好きなのは櫻井だという岡田。その理由として「昔一緒に共演して、その時の戦友みたいなイメージがあるから」と語るも、昔はそうだったが最近もそうなのか追及が始まった。

過去に滝沢秀明やHey!Say!JUMPの知念侑李などが出演した際にも、不仲疑惑をたびたび持ち出されている櫻井は「この番組好きですよね疑惑系!」と言い、またかという表情を見せた。

疑惑その1 お互いの家に一度も行ったことがない

20年以上の付き合いでお互いの家に一度も行ったことがないという。

しかし岡田が「二宮が来たことがある」と話すとショックを受けた櫻井は「ニノが来てる?何で?」とショックな表情。

岡田は「来たいっていうから」と理由を明かすと櫻井は「来たいって言ったら行けるの?」と食いつくのかと思いきや「でも先輩忙しいから」と何故か事前に諦めたようだった。

これには有吉も「先輩って呼び始めたね」と長年のブランクで空いた距離感にツッコミを入れていた。

疑惑その2 2人で食事に一度も行ったことがない

ここで岡田は共演者の鈴木亮平や松坂桃李と3人で食事に行ったことを明かすと、過去共演したにも関わらず食事に行ったことの無かった櫻井は「ウソだろ…」とショックを受ける。

岡田は「でもメールとかしたことある。(櫻井から)『良いアミノ酸無いですか?』って」と内容を明かすと櫻井は「身体のことなら岡田へって」とメールした理由を明かした。

しかしメシ行こうなどのメールが無いことに岡田は「ビジネスなの?」と最後までビジネス仲良し疑惑は晴れなかったが、「今日もカワイイな」と最後には櫻井とのビジネス?仲良しな一面を見せていた。

岡田・櫻井の2人のサシ飲みへ

なぜかプライベートで一切交友の無かった二人が初めてサシ飲みへ。待ち合わせ場所の渋谷に現れた櫻井翔は「もういいよ。事を荒立てて、どんどん浮いていくよ会社の中で俺が」と不満げだった。

以前に同番組で滝沢との確執が問題となった櫻井は事務所では肩身が狭いようだ。

「今日はリラックスされてますね?」とスタッフが言うと櫻井は「緊張する理由がないんだもん!」と岡田との距離の近さをアピールするも、重ねてスタッフが「滝沢さんのときは?」と聞くと「まぁあれは緊張してたね」と墓穴を掘り、テロップには”衝撃の告白に動揺するスタッフ”と表示された。

その後、岡田と合流すると櫻井はスタッフの疑惑の声を岡田に伝えた。すると岡田は「俺達は魂でつながってるんだ」とこちらも仲の良さをアピール。櫻井は「最初からギア上げてきたな」とこれからのサシ飲みを期待するスタートとなった。

そんな魂でつながる2人のサシ飲みは、プライベート感を演出するために渋谷でアポなしスタイルのロケに。2人で目的地を決め、撮影交渉も自分たちで行う企画となった。

岡田は普段は渋谷へ行かないようだったが、櫻井は学生の時によく行っていたようで最近もたまに行くらしい。

岡田は「大丈夫なの?渋谷とか行ってまずいでしょ?」と騒ぎにならないか心配すると、櫻井は「だって渋谷にいる人たちなんてあれですよ。Hey!Say!JUMPっすよ」と10代・20代に人気のHey!Say!JUMPを引き合いに笑いを誘った。

不安が解決したところで目的地へ

タクシーの中では2人の事務所トークが続いた。

岡田「櫻井は大野のこと、大野って呼び捨てなの?」

櫻井「ううん、兄さん。」

岡田「兄さんなんだ。おれも兄さんって呼ぼっかな」

魂で繋がっている二人はどうでもいい話で盛り上がる

岡田「タッキーもほぼ同期だもん。最初合宿所とかでは、その3人で仲良かったんだよね。」

岡田「合宿所が年上組と年下組の2つあって、俺デビューって急に決まったから、年上組に移動したから、それからもうあんまり話せなくなった」と語ると櫻井は「それむちゃくちゃドラマっすね」とコメント。これに”先輩の普通のトークを無理やり盛り上げる櫻井”とテロップがついた。

渋谷センター街にやってきた2人は人気の新名所「肉横丁」に。週末・夜10時という時間帯もあって、肉横丁は超満員だった。

パニックがあればロケ中止も考えられる危険な状態だったが、お客さん達の反応は微妙。

これに櫻井は「全然反応してないね。やっぱりHey!Say!JUMPなんだ…」と渋谷JUMP説を改めて確信したようだった。

岡田の謎すぎる私生活

そんな中、2人が入ったのはお祭り居酒屋「縁にち」。ビールで乾杯すると、櫻井は「酒飲むのいつぶりですかね?木更津の打ち上げ以来じゃない?」と久しぶりの乾杯を喜んだが、岡田は「(木更津キャッツアイのメンバーが)みんな家に来たんだよ。櫻井だけ来れなかったんだよね?」と返答。

櫻井は「誘われてないし…。他のメンバーからも一切情報の漏れもねぇし!」とショックを受けていた。

衝撃的な告白から始まった魂のサシ飲みは岡田の謎すぎる私生活に話題は移る。

櫻井「一番仲良いのは?」

岡田「連絡くれるのは生田斗真と山下智久。ニノとか、大野とかたまにくれたり」というと櫻井が「相葉とか松本とかないでしょ?」と他のメンバーとの状況についても問いただす。岡田は「松潤は『話をさせて欲しい』って連絡くれたりしてたよ」と明かした。

11年前に放映された映画「東京タワー」で岡田と松潤は共演していたが、この時松潤から悩みを相談したいと打ち明けられたという。

しかし岡田は「ちょっと自信なかったから断ったけど」と言うと、櫻井は「わかる!彼の真っすぐさを受け止めきれない?」と同調していた。

松潤をいじり始めたのでここでスタッフが「周りが騒ぎ始めているので移りましょう」と割って入り会話を止めた。

そして次の店に岡田が撮影交渉を行う間、スタッフが櫻井の本音を聞いてみると「伝わってるでしょ。このリラックス感。(年齢が)一個上ってこういう感じだと思うよ。だいたい一個上の距離感って時々タメ語で時々敬語で…」と当たり障りの無い普通のコメントしていると、岡田が撮影の許可を取り、個室で2人きりになった。

ここからは本気で話をしてもらうため、スタッフは全員退出。

10代の時に出会ってから20年。2人が語った内容とは

岡田准一が語った苦難の日々

木更津キャッツアイについて

櫻井「今、木更津キャッツアイって今どういう位置づけなんですか?」

岡田「やっぱりかけがえのない、木更津キャッツアイがあって人生変わったから」

櫻井「嬉しいな、僕もそうなんだけど。僕も実際、木更津キャッツアイでこの仕事楽しいな~って思えるきっかけだったし」

そんな2人が何故関係に終止符が打たれていたのか?理由を語る。

櫻井「なんか遠くにいっちゃう感じがしてたから、いっぱい作品もやってるから、正直ぶっさんって呼ぶのが一番呼びやすいけど、木更津キャッツアイの思い出に岡田くんを引きずりこみ続けるのが…」

岡田「そんなこと考えていたの?でもやっぱりキャスターとかで道を切り開いている様子を見て、もうバンビって呼んじゃいけないんだなって、こっちはあったんだけどね」

どちらもお互いのことを想って距離を取っていたようだ。

しかし木更津キャッツアイは実は視聴率があまり良くなかったようで、櫻井が「あの時って僕と岡田くんの立場で明らかに違うのは岡田くんは主演じゃない?やっぱり数字って気になっていたんですか?」と質問すると、岡田は「主演はやっぱり責任を感じるのが主演だと思うし、自分じゃダメなのかなってのはあったかな。受け入れてもらえないと言うか…」と当時の気持ちを振り返った。

初のサシ飲みで昔の思い出がよみがえる2人。そこでトップアイドルとしてのコンプレックスを語りだす。

岡田が劣等感を頂いた過去

岡田「たまにいるじゃん 天才な人たちって。ウチのグループで言うと森田くんとか天才肌だと思うんだけど。なんか天才肌の人達を見て”俺は普通だ”っていうのを若い頃にわかっちゃったっていうか、アイドルとしても劣等感しかなくて」

と当時3ヶ月というジャニーズ最速デビューを果たした岡田だったが、当時の森田剛や三宅健の人気は凄まじいものだった。そんな中で自信を失いアイドルとして劣等感を抱いていたという。

岡田「何やっても向いてるとは思えなくて。すごく言葉悪いけど、やっぱりアイドルっていうものに対しての想いってのは自分にとっては難しい時期もあって」

櫻井「なんかそんな感じしてた」

櫻井「答えられなかったら、答えなくていいですけど、なんかバラエティとか、ちょっと距離置くみたいなって時もあった?」

岡田「あったあった若い頃。(他のメンバーは)当時はやっぱり…なに言ってんだって感じ。メンバーに迷惑かけたこともたくさんあると思うし、傷つけた事もあるだろうし、反抗期って今は笑っていえるけど、本当に口きかなかったもんね、メンバーとも。それを許してくれたメンバーがいて」

そんな衝撃の告白に櫻井は理由を「岡田くんってジャニーズ入ってすぐデビューしたでしょ?大阪でラグビーやってた男くさい人が東京来て急にこんな羽のついた衣装着て、『キャーッ』て言われて、手を振るって(心が)追いつかなかったんじゃないかな?」と推測すると、岡田は「そう。追いつかなかったんだよね」と当時の気持ちを語った。

アイドルとして心のバランスが崩れかけていた岡田。しかしある一言で運命が変わったという。

岡田「10代の頃って悩むじゃない、自分がどうなのかとか。でもなんかそういう時に先輩に『俺はバラエティの司会に命懸けてるから』ってふとした会話で言われたことがあって…」

番組内では名前を出さなかったが、他の番組などで過去にSMAP中居正広から言われた言葉だと語っている。

その言葉に刺激を受けた岡田は「『自分で命懸けるもの何かな?』って考えたら芝居がやりたいと思って。でも自信はないじゃない?いくらやっても向いていると思えなくて。でもなんかそういう時に先輩が、緒形拳さんや渡哲也さん、田村正和さんとか、大先輩の方々が「続けなさい!」って言って、初めて向いてるよって言ってくれたりして。そりゃ心ないこと言うスタッフもいたけど・・・」

今では俳優・バラエティ番組・ニュースキャスターなど多方面に活躍するジャニーズ事務所のタレントだが、心ないことを言われることも多いようで岡田は「あんまりテレビで言うことでもないけど、やっぱりジャニーズっていうので芝居をやるっていうのは…」と深く話すことは止めたが、役者として実力に関係なくジャニーズというだけで色眼鏡で見られることがあったようだ。

すると櫻井も「なんかあの、僕もそうだけど、どの仕事しててもアウェーというか、本職の人達の集まりに半端者が顔出してるみたいな変な意識がやっぱある。岡田くんが言ったようにそう思われたくないから、人より倍とは言わないけど、人よりたくさん取り組まなきゃなと思ってるんだけど」と俳優でもニュースキャスターでもお互い同じような悩みがあることを打ち明けた。岡田も同様に「本気で誰よりも真剣にやらないと認めてもらえないっていう想いがすごく強かった」と、人よりも努力してきた自負があるようだ。

その後、岡田は日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を「永遠のゼロ」で受賞する。

2015年にはジャニーズで初めて日本アカデミー賞を獲得する役者にまで登り詰めた。

岡田「でも自分で自分の事をまだ認めてないからこれからかな。自分がアイドルだろうが俳優だろうが、そんな事は些細な事で作品がやっぱり一番大事だと思うんだよね。そこに自分がどう思われたいとか、どう見えたいかって…くだらない事な感じがしていて。俳優の仕事だろうとグループの仕事だろうと、単純にいうと良い仕事したいよね」と若い時の悩みを乗り越え、プロ意識をさらに高めたようだ。

櫻井翔が語ったデビュー当時の嵐

嵐の苦難の時代

岡田「テレビで言うことじゃないかもしれないけど。嵐はすごく苦労してる事が多かったじゃない?最初5年くらい。それこそ”俺たちダメだ”みたいなことずっと言ってたの聞いてたから」

今でこそトップアイドルの嵐だが、デビューからCDの売上は伸び悩み、ジュニアだった滝沢がMCを務める番組に出演するなど苦しい時代を長く過ごしてきた。

岡田「櫻井もずっと考えがあるんだろうなってちょっと話したりして思ってたけど、キャスターやり始めたじゃん。どういう経緯があったの?」

櫻井「岡田くんもさっき言ってたけど、やっぱ悩むじゃないですか?」

櫻井「さっきの岡田くんの話じゃないけど、こんな嵐が持つとは思ってなかったから25歳の時にはもう嵐はなくなると思ってて、グループも自分も芸能界にいることも…。」

どうやら苦難の時代には引退も考えていたようだ。

ニュースキャスターのキッカケ

櫻井「この世界で生き残るとしたら何かって考えた時にバラエティで仕事したアナウンサーが夕方のニュース見たら独占インタビューみたいのをやってたんですよ。考えてみたらジャニーズにこんな事してる人いないなって。報道って言うと大げさだけど『そういう事できないですか?』って話を事務所にしに行ったのが木更津キャッツアイが終わったあたり、たぶん20歳くらいだった気がするな。」

櫻井「僕は中居くんみたいに、太一くんみたいに井ノ原くんみたいに、数いるタレントさんとか芸人さんとかをまわすっていうことはできない。だけど、誰かにじっくりインタビューするのは僕はむしろ好きなんですよ。多分そういうキャスターっていう仕事にいくキッカケのひとつだったかもしれない」

最後に岡田が「本当にメンバーに感謝してるよね。メンバーに幸せでいてほしいとか本当に思えるようになったから。21年いると」

櫻井「それ酔うと松本潤が同じこと言いますよ」

岡田「それだけ俺のこともそうだし、いろんな事があったから共に過ごしてきた時間を大事に出来る自分でもいたいし。なんか本当にステキな人達だけどね」

2人の正直な気持ちが聞けた今回。お互いを思って距離を置いていた2人だったが、これを機にまた距離が近づいたようだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク