スポンサーリンク

櫻井翔がついに「NEWS ZERO」のメインキャスターに昇格へ。いくつも目標を実現する櫻井流の目標達成術とは?

この記事をシェアする

嵐の櫻井翔が月曜日にニュースキャスターを務める「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のメインキャスターに就任すると東スポが報じた。

櫻井はキャスターを務めて10年目を迎えており、早ければ今春にも昇格。どうやらこの話はジャニーズサイドから日テレ側に打診されたようだ。

スポンサーリンク

嵐・櫻井翔がついにメインキャスターに

 嵐の櫻井翔(34)が月曜限定でキャスターを務める「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で、早ければこの春にもメーンキャスターに昇格するという。櫻井は2006年秋にキャスターに就任して丸10年。ジャニーズ事務所ではいまや多くのタレントが番組司会者、キャスターとなっているが、その草分け的存在だ。櫻井のメーン就任は、今後のジャニーズのアイドルの育成方針にも影響を与えるという。

そもそも櫻井のキャスター兼業は、嵐のメンバーとしての活動と兼業だったため、ジャニーズ事務所としても週1回が条件だったが、その状況が変わったという。

「当初、月曜日限定なのは本業であるアイドル活動に支障をきたさないようにというジャニーズの配慮からだった。だが、今回のメーン昇格話は、ジャニーズサイドから投げられ、日テレサイドもそれは願ってもない話と合意したということ。週1日から5日になるわけで、嵐の方の活動が副業にもなりかねない転機ともいえる」(日テレ関係者)

アイドルを輩出してきたジャニーズだが、最近はそのアイドルたちがテレビ番組司会者として活躍している。元SMAPの中居正広(44)がバラエティー番組を仕切る大物となった。

情報番組のキャスターでもV6の井ノ原快彦(40)が「あさイチ」(NHK)、TOKIO・国分太一(42)は「白熱ライブ ビビット」(TBS系)、NEWS・小山慶一郎(32)は「news every.」(日テレ系)、KAT―TUNの亀梨和也(30)は「Going!Sports&News」(同)にそれぞれ出演している。

こうしたアイドル→司会、キャスター業進出の流れから見えるように、ジャニーズ事務所も戦略の大転換期を迎えているという。

「今後はアイドル育成よりも、キャスター育成に力を注いでいくということ。事務所内に“キャスター部”を設立するという方針です。今後のジャニーズJr.(ジュニア)を選抜するオーディションも、以前は一に顔、二に歌唱&ダンス力、三に愛嬌だったのから、一に学力、二に学歴、三が顔…という方針に変えるというのです」(事情通)

引用東スポ

櫻井翔の華麗なる家族

ニュースキャスターは幅広い知識や頭の回転等、様々な能力が求められる。毎年各大学を卒業した優秀な人材が、その狭き門に入るべくしのぎを削っているのはご存知のとおりだ。

そんな中で櫻井も引けを取らない。もはや広く知れ渡っているがアイドル活動をしながらも慶應義塾大学を卒業した秀才で、ファミリーは父親が総務省の元長官に母親は大学教授、妹は既に退社したが日本テレビ系に勤務していた。同じく慶應義塾大学卒の弟は最近、電通入りを報じられたばかり。

昨年4月25日の放送では「NEWS ZERO」の企画でユニバーサルマナー検定2級に満点で合格するなど、その頭の良さは健在のようだ。

櫻井翔のニュースキャスターとしてのこれまで

始めたキッカケ

櫻井は2016年12月8日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)でV6の岡田准一と二人きりで対談をおこなった際に、ニュースキャスターを始めたキッカケを語っている。

嵐はデビューから5年ほどCDの売上は伸び悩み、当時まだジャニーズJr.だった滝沢秀明がMCを務める番組にバックで出演する等、苦しい時代が続いていた。

そして櫻井は25歳くらいには「嵐は無くなる」と考えていたようで、自身も芸能界にいないかもしれないと考えていた。そして生き残りを考えた時に、ジャニーズでキャスターをやっている人がいないことに気づき、ジャニーズ事務所に自ら志願したと語っている。

これは櫻井がドラマ「木更津キャッツアイ」に出演していた20歳くらいのことだ。

櫻井自身は中居正広や国分太一、井ノ原快彦のようにタレントや芸人をまわすのは無理だと言うが、じっくりインタビューするのは好きだったようで、それがキャスターを仕事にするキッカケの1つとなった。

メインキャスターは夢の1つ

2006年に「NEWS ZERO」の月曜キャスターを始めた後は、北京・バンクーバー・ロンドン・ソチ・リオデジャネイロと夏冬オリンピックのキャスターを5大会連続で務めた。

また「24時間テレビ『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)の企画で旧ソ連のミハイル・ゴルバチョフにインタビューする等、大物との対談も実現している。

過去に将来自分の報道番組を持ちたいかという質問に櫻井は「キャスターのお話をもらった時には夢のスタートラインに立てたような感覚だったが、夢のゴールはここではない。真ん中に座って番組を任されることだ」と語っており、メインキャスターへの昇格は櫻井翔の目標の1つだった。

ついに夢のゴールに近づいたのかもしれない。

櫻井流のスケジュール管理・目標達成術とは

sakuraisyo-pocketbook

ジャニーズ事務所からデビューという夢を叶えるのでもほんの一握りだが、さらにメインニュースキャスターに就任となれば異例だ。

2014年3月17日にトークバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)では休日でさえ分刻みのスケジュール管理を行っていることを明かしていた。

この細かすぎる計画作成が櫻井の目標達成術の源だろう。どうやら櫻井翔のスケジュール管理術は幼少期の教育からの習慣だという。

しかし2016年11月26日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で、ピースの綾部祐二がニューヨークへ活動拠点を移す理由を「5年後、10年後のことを考えてやってる。翔くんもそれは同じでしょ?」と語った際、櫻井は「ないよ。もうない。昔はあった。目標を立ててそれに向かっていくことが綺麗な人生だと思ってたけど、立てても意味ないことがよくわかった」と返答をしていた。

このコメントの真意は語られていないが、ここ2~3年で何か思うところがあったのだろうか。

メインキャスターという大きな目標を達成した櫻井翔。夢をいくつも実現してきた彼なりの目標達成術があるに違いない。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク