櫻井翔が日本テレビ系のリオ五輪番組のメインキャスターに。TBS系は中居正広に今だ決まらないのは独立騒動の影響か?

シェアする

リオ五輪は8月5日~8月21日までの17日間、南アメリカのブラジル・リオデジャネイロで行われる。今回もやはりテレビ各局がリオ五輪のメインキャスターをジャニーズ事務所から抜擢している。

人気グループ「嵐」の 櫻井翔さんが、日本テレビ系のリオ五輪番組のメインキャスターを務めることが15日、明らかになった。櫻井さんが同局で夏季・冬季の五輪キャスターを務めるのは5大会連続5度目で、お笑いタレントの明石家さんまさんが「キャプテン」、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也さんがスペシャルサポーター、ロンドン五輪体操日本代表の田中理恵さんがアスリートキャスターを務めることも決定。同局系では4人を中心にリオ五輪の熱戦を盛り上げていく。
夏季五輪では3度目のキャスターとなる櫻井さんは「取材できる喜びを年々強く感じているので、とてもうれしく思っています。4年に1度の世界の大きなお祭りですので、その興奮と緊張感をお伝えするとともに、また南米ならではの熱さだったり、に ぎやかさだったりというのも、お伝えできたら」と抱負。「(五輪は)世界のど真ん中一丁目一番地に今自分がいるんだと感じられる瞬間。まさに今世界の中心にいるという喜びを感じながら取材したい」と意気込んだ。

出典:まんたんウェブ

嵐の櫻井翔は北京大会(2008年)、バンクーバー大会(2010年)に続き、冬季も含めると5大会連続の起用となるが、櫻井翔の取材力には定評がある。事前の下調べは完璧で全て頭の中に入れていて資料も持たない。頭の中にあるので実際にインタビューをする時は落ち着いている上、適格でタイムリーな質問が可能で、相手の状況に自由自在に話題を合わせることが出来 きるので、相手が本音を語りやすいと言われている。

そんな櫻井翔だから日本テレビ系では五輪キャスターとして直ぐに白羽の矢が。今回もメインキャスターである櫻井翔は張り切っているが、「横浜アリーナ」での最終公演が8月9日(火)開演18時・8月10日(水)開演12時,開演17時と17,000人の観客を動員して公演される。

開幕式の日程が被るのでは?と忙しい櫻井翔を気遣うファンの声もあるが本当に大変な日程である。

スポンサーリンク

TBS系がリオ五輪のメインキャスターの決定が遅いワケ

テレビ各局がリオ五輪のメインキャスターを決定している中、未だ決定されてないのがTBS系なのだ。TBS系といえば中居正広が2004年のアテネから冬季も含めて6大会連続でメインキャスターを務めていて 、今回も抜擢されると期待されているが、遅いのはSMAP解散独立騒動が影響しているのかと憶測も飛ぶ。

中居正広はスポーツの知識も幅広く、司会経験の豊富さからアスリートとの接し方も抜群に上手い。またメインキャスターとしての貫録と華がある。先日の「金スマ」でベッキーに神対応したことでも、MCとしても人間力も含めて中居正広の実力は国民が認めている。だが一番推しなのは「ビビット」に出演している国分太一で、他には関ジャニ∞の村上信五等を推す声もあるという。

「もしSMAPの独立話が本当なら、表沙汰になるのは契約が更改される9月です。だとすればみすみす事務所を辞める人間に飴を与えるはずがない。

中居が五輪キャスターに起用されるかどうかですべてが分かるということです」

出典:週刊実話

9月にSMAPが契約更新するのかしないのかは、中居正広はがリオ五輪のメインキャスターに抜擢されるかどうかが、ひとつの判断材料ともなり得ますが、リオ五輪のメインキャスターとして今年も中居正広の輝く姿が見られることを期待している。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事