フィフィが櫻井翔を批判。その後、圧力でtwitter休止

シェアする

人気外国人タレントのフィフィが櫻井翔をTwitter上で批判。炎上へと発展し、謝罪・Twitterの閉鎖へと追い込まれた。

2014年8月18日、日本テレビのNEWS ZEROを見ていて、以下のようにつぶやいた。

フィフィが櫻井翔を批判

櫻井翔が行ったイスラム国に関する解説への批判なのだろう。

シリアで拘束されている日本人男性について取り上げている内容だったのが、フィフィは「ニュースゼロでアイドルの方がイスラム国の成り立ちを解説していたが、それがデタラメ。なんか薄っぺらなんだよな。だから地上波の報道番組は頼りにならない」と批判。

「特にアサド政権打倒の為に米国とサウジが武器提供した件はあえて米国の手前スルーだったのには呆れた。なんか薄っぺらなんだよな。だから地上波の報道番組は」

その翌日、フィフィのTwitterはツイートをすべて削除し、要望によりTwitterを中断するとした。何卒事情をお察しくださいとのことだが、さすがに事務所からの圧力がかかったのだろうか。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク