大野智が月9内定、視聴率1位、BD&DVD販売1位とドラマで圧倒的すぎる

シェアする

現在、フジテレビの月9といえば松本潤主演の「失恋ショコラティエ」だが、その後のクール(4月〜6月)の月9枠には大野智の主演が内定していると言われている。『鍵のかかった部屋』で以前主演ドラマで同クールの視聴率1位をとっているので、2匹目のドジョウを狙うといったところだ。

フジテレビの思惑

長年、キー局のお荷物とまで言われたテレ朝に視聴率が抜かれてしまい、日テレに続く3位と視聴率の低迷が続くフジテレビ。

「視聴率回復のためになんとしてもジャニーズに頼め!」とフジテレビ上層部がハッパをかけたというが、昨年フジテレビの新しい社長となった亀山千広はもともと木村拓哉主演のロングバケーションや若者のすべてなどのドラマのプロデューサーだったので、そういった指令もうなずける。

キスシーン童貞争奪戦

今回の失恋ショコラティエでも松本潤の石原さとみとの激しいキスシーンがファンの間でも話題だが、大野智の場合まだ「キスシーン童貞」のため話題になる可能性がある。もちろんフジテレビとしては1つの切り札として考えているだろう。

Blu-ray DiscやDVDの売上も圧倒的

昨年の大野智主演の「鍵のかかった部屋」では同クールで視聴率1位だったが、実はBlu-ray Discも初週売上が1位でBOXで1.3万枚を売り上げ、ドラマBlu-ray Discの歴代最高記録となっていた。

そんな記録を1年3ヶ月ぶりに塗り替えたのが、何を隠そうまた大野智のドラマで昨年8月に日テレで放送された24時間テレビ内で放送された大野智主演の「24時間テレビドラマスペシャル2013 今日の日はさようなら」で初週1.5万枚(DVDは1.3万枚)で、2月3日付オリコンランキングドラマ部門1位となった。

大野智の快進撃が止まらない。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク