櫻井翔の番組がジャニーズ事務所の後継者争い代理戦争に

シェアする

昨年2013年3月に5年間続いてきた「ひみつの嵐ちゃん!」がついに終了したが、後続番組には同じ櫻井翔を起用した「今、この顔がスゴイ!」が放送されている。実はこのTBSの木曜日10時枠はジャニーズが掌握しており、藤島ジュリー景子副社長のお抱え枠となっている。

ジャニーズ事務所の派閥とは

ジャニーズ事務所の中でジュリー派といわれるのは嵐、TOKIO、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMPと国民的な人気を誇るようになった嵐を筆頭に2014年度には2度目の24時間テレビの司会を務めることとなった関ジャニ∞もいる。ちなみにこの24時間テレビは過去3年は嵐、その前は関ジャニ∞となっている。

ジュリー派の反対にはSMAP、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、Sexy ZoneといったSMAP以外イマイチ波に乗れていないグループを擁しているのが飯島三智の飯島派だ。

ちなみにジャニーズには3つの派閥があり、株式会社ジェイ・ストーム、ユニゾンの代表取締役社長・ジャニーズ事務所副社長の藤島ジュリー景子は圧倒的なイケメン目利きでジャニーズ帝国を創ったジャニー喜多川の娘。

次にSMAPのチーフマネージャー、株式会社ジェイ・ドリームの取締役である飯島三智はSMAPの活躍とともに力を強めていった。

最後がジャニーズ事務所といえばもちろんジャニー喜多川の派閥となる。

派閥といってもジャニー喜多川は当然圧倒的力を持っている。ただし老齢化が進んでいるため、その後継者争いとしてジュリー派対飯島派の争いが頻繁に起こっているのが実情だ。

「今、この顔がスゴイ!」がジャニーズ事務所社長後継者争いの代理戦争に

さて「今、この顔がスゴイ!」だが視聴率が悪ければ当然打ち切りとなるので、そうなった場合は広告代理店関係者によると飯島氏がSMAPの冠番組を目論んでいると言われている。番組開始当初は視聴率が振るわなかったものの、10月に女性応援情報バラエティ路線に舵をきったことで視聴率が上昇。2014年現在も続いている。

SMAPは木村拓哉や中居正広がもう40歳。今後のためにも飯島氏はなんとしてもKis-My-Ft2を売り出したいようで、同時間枠にはSMAPが筆頭だがKis-My-Ft2についてもなんとしても冠番組を持たせたいようだ。

ジャニーズ事務所社長後継者争いは続く。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク