松本潤と石原さとみの過激なキスシーンにネット上は騒然

シェアする

今も人気を不動のものとしているジャニーズ事務所のアイドル、嵐の松本潤。

その抜群のルックスと少し3枚目なトークがファンを惹きつけ、嵐においても一位二位を争う人気メンバーですが、その彼が今期の月9ドラマに出演し早くも話題を呼んでいます。

失恋ショコラティエとは

1月13日からスタートしたフジテレビ系「失恋ショコラティエ」で、松本潤はチョコレート専門店のイケメンオーナーシェフ・小動爽太役を演じることになりましたが、原作は人気少女マンガで、これだけでも話題性があります。

出演陣は石原さとみに溝端淳平、水原希子と人気のある役者ばかり。

松本潤と石原さとみのラブシーン

話題を集めたのは松本潤と石原さとみの濃厚ともいえるラブシーンでしょう。

石原演じるサエコを押し倒し、ディープキスを繰り返す爽太役の松本潤。

役者とは言えどそのリアルなキスシーンに、Twitterを始め、ネット上が騒然となりました。
松本潤ファンだけではなく、石原さとみファン側からも反発があったようで、ネット上では松本潤を羨ましがる意見や、ドラマとはいえこういった濃すぎるラブシーンを流すのはどうかという意見も散見されました。

視聴者からの嫉妬をされてしまうほどの美味しい役どころも、松本潤なら似合うという意見も多く、イケメンならではの役得とも言えるでしょう。

結局このシーンはドラマ上では妄想シーンということだったのですが、夜9時台のドラマの歴史上でも珍しい過激なシーンで、ファンを始め視聴者は度肝を抜かれたようです。

視聴率に苦戦するフジテレビ側の思惑もあるようですが、こういったシーンは第2話以降も用意されているようで、他の女性陣とのラブシーンも期待できる展開となっているかもしれません。

失恋ショコラティエのドラマとしての評価は

このドラマは純粋なファンには概ね高評価を得ているようで

“松本潤の何かいいかといえば、目頭から目尻を繋げるカーブである。

まぶたのラインが瞳の光りを、朝日のような柔らさから、月のような妖艶さに自在に変える。それによって、恋する主人公のピュアさと、その奥にあるドロドロした情念が的確に表現されるのだ。

しかも松本潤は、明治のチョコレートのCMにも出演していて、CM「カーニバルの男篇」では「冬はチョコ」と連呼している。チョコレートドラマの主人公と言ったら、ジョニー・デップ(映画『ショコラ』、『チャーリーとチョコレート工場』)か松本潤である、と思いきって豪語してしまおう”
(引用元・エキサイトニュース)

などと、女性層からの支持は高いようです。

松本潤の魅力が存分に出ているドラマとして、今後代表作となる可能性もあるかもしれません。

過去には花より男子で松本潤と井上真央のキスシーンが話題に

松本潤は過去にも名だたる名女優とキスシーンを繰り広げており、特に「花より男子F」 での井上真央とのキスシーンは話題にもなりました。

有名原作ものはファンからの反発もあるものですが、松本潤が演じた出演作はそういった批判が少なく、ファンも納得できる演技力とキャラクターイメージを壊さない洗練されたルックスが影響しているのでしょう。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク