二宮和也が主演男優賞を受賞。これまでの映画・ドラマの受賞歴を振り返りつつ、根底にはゲーム・特にパズドラがあった?

シェアする

嵐の二宮和也が2016年2月13日にキネマ旬報ベスト・テンで主演男優賞を受賞し、都内の表彰式に出席しました。

演技には10代の頃から定評のある二宮。これまでも2006年には「硫黄島からの手紙」でハリウッド作品に初出演し、アメリカでも高い評価を受けたことがあります。そもそもハリウッドデビューはなんとジャニーズ事務所所属タレントでは初めてで、さらにはアカデミー賞ノミネート受賞作品となったため、出演自体が日本のアイドル初となっていました。

同年3月22日の「少しは、恩返しができたかな」では橋田賞を受賞しています。

この辺りからは役者としての評判は確固たるものとなり、以降様々な賞を受賞しているので振りかってみましょう。

2008年

流星の絆 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 二宮和也 ]

流星の絆 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 二宮和也 ]
価格:23,328円(税込、送料込)

  • ドラマ「流星の絆」でモンテカルロ・テレビ祭のテレビフィルム部門「男優賞」候補にノミネート
  • CNNの「まだ世界的に知名度は高くないが、演技力のある日本の俳優7人」に選出

2009年

  • 「流星の絆」と「DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜」で第46回ギャラクシー賞「個人賞」を受賞

2011年

  • 「フリーター、家を買う。」で東京ドラマアウォード2011 主演男優賞受賞

2016年

  • キネマ旬報ベスト・テンの前の1月に2015年の映画「母と暮らせば」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しています。※2006年の硫黄島からの手紙の時には日本アカデミー賞候補に選ばれるもの受賞を辞退していたので受賞はこれが初です。

今日(2月19日)はパズドラの新製品発表会に出席

そんな二宮和也くんですが、今日2月19日に都内で行われた「パズル&ドラゴンズ」の新展開に関する記者発表会に出席。

パズドラは「常にプレイしている」とのことで、撮影現場等すぐにゲームに熱中する集中力が演技力にも役立っているのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

🔻Twitterでジャニーズ総選挙など速報中

スポンサーリンク