黒子のバスケ夢小説ランキング2015

シェアする

週刊少年ジャンプで女性層から大人気だった黒子のバスケ。その黒子のバスケも連載は終わってしまったが、今でも人気は高いようだ。その人気は二宮和也を上回るというニュースが流れているがなぜ?

スポンサーリンク

黒子のバスケの黄瀬涼太は二宮和也と1日違いの誕生日

2015年6月18日。それは嵐の二宮和也と黒子のバスケの黄瀬涼太の誕生日。ツイッター上では「#黄瀬涼太生誕祭2015」というホストを祝うかのようなハッシュタグが登場し、祝福の声が拡散した。

前日の6月17日の二宮和也の誕生日に用意されたハッシュタグ「#サンジュウニノサン」のツイート件数は2681件。なんと#黄瀬涼太生誕祭2015のツイート数は4594件にまで膨れ上がった。

黄瀬涼太を祝福するファンの声

人気の高い黒子のバスケの夢小説のおすすめはこれだ

Re;黒子のバスケ~帝光編~
ウィンターカップ決勝戦で洛山高校に惨敗した誠凛高校バスケ部。失意のまま事故に遭った黒子が目を覚ますと、そこは過去の世界だった。小学生に戻った彼の、新たな軌跡が描かれる。これは、敗北から始まる物語。新たに始まる物語。

黒子のバスケ~ヒーロー~

少年はバスケを心から愛していたが、バスケを続けることができなかった。

新しきステージでの出会いにより成長していく遥か高みを目指して。

少年は期待を胸に高校バスケに挑んでいく。

黒子のバスケ 銀色の疾風

二年前、帝光中学校バスケ部で大いに活躍し、その名を轟かせたものがいた。
今彼は仲間と道を違え、自らを必要とするチームで再び舞台に上がることを選ぶ。
彼が目指すのはかつての同志である『キセキの世代』の打倒。
『神速』と謳われ、恐れられた男の激闘。その幕が切って落とされる。

チートが過ぎる黒子のバスケ

誰もが一度は思いつく設定。

つまりは最強系?最低系?
いえAKASI様です。

チート全開で、AOMINEが
KISE  が
MIDORIMAが
MURASAKIBARAが
大暴れ!!

これは赤司による赤司のための物語。

黒子のバスケ〜白帝のキセキ〜

『キセキの世代』
それは10年に1人の逸材が5人同時に存在していた世代
中学バスケにおけるあらゆるタイトルを総ナメした彼らには、奇妙な噂があった
誰も知らない、試合記録も無いにも関わらず、天才5人が一目置いていた者がいた
彼のことを人は『幻の6人目』と呼んだ
そんな彼らに唯一対抗出来たもう一人の天才がいた
個々の実力ではキセキの世代と同格
3年間帝光の前に立ちはだかり、彼らを苦しめた
その男の名は『白沢 恭弥』これは彼の新たな挑戦の物語……

もしも赤司が疲れ目になったら

『キセキの世代』と呼ばれる帝光中バスケ部の天才達。彼らを率いていたのは生涯無敗を誇る支配者、赤司征十郎だった。もしも才能の発現たる『天帝の眼』が封印されたならば。

――ただのバスケ選手へと堕ちた赤司征十郎の戦いが始まる。

黒バスの世界に転生したみたいだけど何かがおかしい

黒バスのキャラを女体化させた画像を見てパトスが燃え上がった。ただそれだけ。勢いで書いていく所存。

黒バス ~HERO~

補照英雄が帝光中に進学していたら?
出会い方が変わっていれば、その先に繋がっているものは?

本編とは違った時系列による物語を纏めたものです。
本編をご存じない方なには少々優しくないかもしれません。

この物語は、フィクションです

ある日突然、記憶が蘇りました。それは私が「観ていた」世界で拙く生きていた一人の少女の記憶。
おそらく、彼女が疎んだこの世界を私が代わりに生きていかなければいけないようです。それにしても、2次元ですか。バスケ、ですか。ちょっと人選ミスじゃないですか?……そう言っても、誰も助けてはくれません。私、頑張って彼女の人生を生きてみようと思います。

エンドロールのその先で

ひょんなことから黒子のバスケの世界に放り出された『私』は、見た目美少女、中身残念、青峰大輝と桃井さつきの幼馴染みとして生きて行く事になった。
優しい世界に、優しいキャラクター達。しかし、この『世界』にはルールがあった。
高校一年の夏までに『私』は死ぬという事、死んだらループして世界がまた一から始まるという事――。

黒子のバスケ〜努力の天才

帝光中学

この学校は中学バスケにおいてかなりの強豪校

中でもキセキの世代と呼ばれるものたちは10年に1人の天才が5人同時に存在した敗北を知らない世代である

しかし、人々は知らない

この5人に1度も負けたことのない先輩がいることを

【黒子のバスケ】に転生しただけの簡単な二次創作です

「私」は死んだはずだった。ふと気づいたら目の前にいた「神」と名乗る存在。そして転生させられた先は――「黒子のバスケ」!? しかもどうやら自分はその中の***に転生してしまったようで……? ***こちらもタイトル変更しました。元「原作キャラに転生しただけの簡単な二次創作です」

黒子のバスケ ―太陽のColor Creation―

――帝光中学校バスケットボール部
部員数は100を超え、全中3連覇を誇る超強豪高である。
その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ無敗を誇った、10年に一人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と言われている。
しかしその中でも奇妙な噂があり、誰も知らず試合記録もない、にも関わらず天才5人が一目置いていた選手、
「幻の6人目シックスマン」がいた。
その6人に(一人は偶然にも)バスケを始めたきっかけを聞くと、ある一人の選手の話が出てきた。
「あいつがいたから自分達は今ここにいる」と……
その印象を聞くと、全員が声をそろえて言った
《バカだ》と
「んぁ?」

黒子のバスケ -もう1人のエース-

バスケットボール強豪校、帝光中学校
そこに10年に一人という天才が5人同時に現れ無敵を誇っていた

それを皆は『キセキの世代』と呼んだ、そんな彼らには奇妙な噂が二つあった
真偽も詳細も一切は不明、だが実は彼らのほかにもう1人

天才5人が一目置いていた選手「幻の6人目」がいた

キセキの世代と同格の天才がまた1人存在し渡り合ったと…
その名は『如月光雅』

そんな彼がキセキの世代を倒すことを目標にし高校バスケ界で輝く

黒子のバスケ ー影と光を助けた太陽のキセキー

全中三連覇を成し遂げた中学バスケ部最強と謳われた帝光中学校。その帝光には『キセキの世代』と呼ばれた5人がいた。そしてその5人に認められた幻の6人目(まぼろしのシックスマン)と呼ばれた男がいたのだが、一つ上の代には彼らの才能と戦いながら努力で一軍へのしあがった『闘将』と呼ばれた男がいた。これは才能と戦った男の物語である。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

🔻Twitterでジャニーズ総選挙など速報中