嵐ブレイク前夜。ブレイクのキッカケ

シェアする

KAT-TUNに押され気味だった嵐。ジャニーズグループが人気になる一つのキッカケとしてドラマが要因となることが多いが、嵐はどうだったのだろう。

ジャニーズグループのブレイクとドラマ

SMAPは「あすなろ白書」(フジテレビ系)で木村拓哉が主役を凌駕する支持を受けて国民的アイドルにまで上り詰めた。一時期は嵐を超える人気となったKAT-TUNも「ごくせん」の影響が大きい。

嵐ブレイクと花より男子

そのブレイクのキッカケは2007年1月にスタートした「花より男子2(リターンズ)」。さらには主題歌である「Love so sweet」が50万枚を超える大ヒット。当時の嵐は流行りの着うた等へは音源を提供しておらず、着うたランキング等では上位に来ることはなかったが、CDランキングでは上位に長くいた。

このタイミングでレコード会社のジュリー社長が勝負に出たという。嵐のメンバーを雑誌やバラエティ番組など、露出を徹底的に行なった。次期社長の最有力とみられるジュリーの手腕を魅せつけることとなった。
↓ 気になる本も電子書籍なら購入後、すぐ読めます。 ↓

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク