松本潤と二宮和也の不仲が暴露本で明らかに

シェアする

仲が良いことで知られる嵐のメンバー5人。実は松本潤と二宮和也は非常に仲の悪い関係だったようだ。

松本潤と二宮和也の不仲の原因

2人の不仲の原因を15年4月17日発売の暴露本の中では「性格の不一致ということに尽きる」としている。結成から数年は仕事以外ではろくに口もきかないほど不仲だったようだ。

松本潤と二宮和也は同学年だが、容姿も含めてタイプは正反対。二宮和也からは松本潤がガツガツしているように見えて苦手だったという。

2人の性格は正反対

完璧主義なところがある松本潤からすると二宮和也は何かにつけてゆるく、いつもゲームしていて、それにも関わらず人気があることに納得がいかなかったようだ。松本潤は演出にもうるさく、テレビ局のカメラワークにまで注文をつける徹底ぶりだった。ただ二宮和也は嵐の結成前から制作や演出に興味があり、アメリカで裏方修行することまで考えていたこともあるぐらい、演出にはこだわりをもっており、松本潤のやり方に納得のいかないこともあったかもしれない。

嵐のことを考え、お互いぶつかることはなかったみたいだが、無視することでやりすごしていたようだ。

2人の関係改善のタイミング

そんな2人の不仲が解消されたのは2004年8月のパーソナリティを務めた24時間テレビあたり。その少し前に成人した2人。特にこの時期、松本潤が大人になった・丸くなったようだ。成長し、自信をつけたことで気持ちのゆとりができてきたと言われている。

24時間テレビのフィナーレは櫻井翔まで号泣するという中で、松本潤が二宮和也の肩を抱くシーンがあった。その行為には何か松本潤が二宮和也にメッセージをこめていたかもしれない。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク