スポンサーリンク

嵐・二宮和也の衝撃告白に驚きの声。二宮尊徳(金次郎)を「ウチのひいひいひいおじいちゃん」

この記事をシェアする

5月14日に放送された嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組「BAY STORM」(bayfm)での発言にファンから驚きの声が上がっている。なんと二宮金次郎のことを「ウチのひいひいひいおじいちゃん」と明かしたのだ。

二宮は子供の頃のあだ名を”金次郎”だったということを過去にも明かしたことがあるが、子孫であるとはこれまで明かしていなかった。

画像は二宮金次郎像

ninomiyakinjiro

2015年5月には「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の中で、廃校を巡り、二宮金次郎像の救出に挑戦したこともあったものの、そこでも子孫であることは明かしていなかっただけにファンからは驚きの声が上がっているようだ。

スポンサーリンク

二宮和也が二宮金次郎を「ウチのひいひいひいおじいいちゃん」

この日のラジオ番組では二宮がリスナーからの「番組で将来銅像になりそうなランキングで綾野剛が嵐と答えていた。銅像になることはあると思いますか?」というメールを紹介。

それに対して「銅像になる条件ってなんすかね?社会貢献度とか高かった人がなるのかな?」と疑問に思った二宮は調べだしたようで、「なんか3Dプリンタいっぱい出てきた。スマホを使って簡単に銅像になる方法みたいなのが書いてあった」と紹介し、「やっぱり条件はないんだな」と誰でも銅像になれる時代だとした。

しかし作られる目的については「土地に残る伝承を伝える桃太郎とか、坂本龍馬とかそういうことでしょ。あと偉業を成し遂げた人物。」として西郷隆盛や二宮尊徳、ハチ公などを上げる。

ここで二宮尊徳がひっかかったのか「同じ名前の同じ苗字の銅像ってあんまり聞かなくない?二宮尊徳・二宮金次郎の銅像の後に二宮和也の銅像なんて俺だったら建てる気はしないもん。」と銅像になることに否定的なコメントをする。

「アレ以上の偉業をこんな便利な世の中で達成できますかって話よ。なんか無くなりそうな村とかをこう、建て直したんじゃなかったっけ」と偉業を称えた上で、「ウチのひいひいひいおじいちゃんは確かそうだったと思う」と衝撃のコメントが飛び出した。

続いて「ごめんなさい、今ポロっと出ちゃったから。聞かなかったことにして頂きたいんだけど。」と続け、「ひいひいひいだと近い?確かなんかそんな感じじゃなかった?」と続けた。

前述の「嵐にしやがれ」でのコーナーで二宮尊徳が仕事をしながら勉強もして、それを街の発展に繋いだと勉強したことを明かし、「コンサルっぽい感じじゃない。コンサルの走りみたいな」と今の時代にたとえて評価。

今の時代だと偉業だとしても自身は達成してもギネス程度だと結んだ二宮。

この「ひいひいひいおじいちゃん」と漏らした発言を最後まで否定しなかっただけに、ファンからは驚きの声が上がっている。

ファンから驚きの声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク