スポンサーリンク

KinKi Kidsと嵐のドラマ共演が今夏に実現する理由。見ておきたい動画「ぼくらの勇気~未満都市」の最終回のシーン

この記事をシェアする

今から20年前の1997年に放送されたKinKi Kids主演ドラマ「ぼくらの勇気~未満都市」(日本テレビ系)がKinKi Kidsのデビュー20周年特別企画として特別ドラマとして復活することが発表され、ファンの間で大きな話題となっている。

KinKi Kidsの2人のドラマ共演が久しぶりであるだけでなく、嵐の松本潤や相葉雅紀も出演していたドラマなだけに出演者の発表が期待されている。

bokuranoyuki-mimancity

放送は今夏で演出は堤幸彦と制作スタッフ陣も同じ。20年前のオリジナルキャストの出演が期待される同ドラマだが、ヒロインを演じた宝生舞はすでに芸能界を引退。また2人の当時ジャニーズJr.のメンバーも表舞台から姿を消しており、出演は絶望的だろう。

同ドラマは当時大人気で平均視聴率16.8%を誇るだけでなく、ストーリーについても評価が高かった。主題歌でKinKi Kidsが歌う「愛されるより愛したい」もトータルセールス160万枚を記録。ただ出演者が多く引退しているためか、DVD化されていないのが残念だった。
(VHS版は存在。DVD版は一部ネットで中古として販売されているが、海賊版なので注意)

そんな「ぼくらの勇気~未満都市」でKinKi Kidsの堂本光一・堂本剛の2人だけでなく、嵐の松本潤と相葉雅紀も出演するはずだという理由がある。

最終回の1シーンを見てもらえればそれがわかるだろう。

スポンサーリンク

「ぼくらの勇気~未満都市」の最終回のシーン

同ドラマは千葉県の臨海幕原地区(幕張がモデル)で大地震が起きたというニュースがあり、堂本光一が演じるヤマトは友達を探しに、堂本剛が演じるタケルは災害ボランティアをするために臨海幕原地区に乗り込む。しかし実は地震が起きたというニュースは政府の情報操作で、「T幕原型」という微生物が原因で大人が死に絶えており、街は未成年だけになっていた。

そのため臨海幕原地区は封鎖されており子供だけの暴力に支配された街となるが、20歳前後で子供も死んでしまう。電気、水道は止められており、多くの子供たちは学校や廃屋に住んでいた。

政府からヘリで食料は届くものの、日々食料の奪い合いが起こる中、ヤマトとタケルは不良少年たちと対決しながら、秩序を取り戻していく。

最終的には臨海幕原地区に雪が降り、微生物は寒さに弱く絶滅。政府は真実を隠し、治療法を見つけたとウソをついて子供達を外へ開放。「隕石に付着した謎の物質が原因だった」と政府は発表したが、実は微生物は政府が植物などの成長を促進させるために作ったものだった。

植物を手に入れ真実を知ったヤマトやタケル、また松本潤が演じるモリや相葉雅紀が演じるアキラなどは臨海幕原地区に立てこもり、政府に真実を公表するように訴える。

ただ最終回では結局、政府高官のような汚い大人にならないことを誓い合い、政府の差し向けた軍に投降。その時に「20年後、またこの場所で会おう」と約束しているのが先ほどの動画のシーンだ。

誓いあった全員のドラマ出演は困難

それだけにKinKi Kidsの2人だけでも共演はファンにとって嬉しいが、嵐のメンバーも出演する可能性は極めて高いだろう。

同番組ではジャニーズJr.から小原裕貴、穴沢真啓の2人も出演していた。しかしこの2人は既にジャニーズ事務所を退所しており出演は難しいだろう。

30歳以上の人は覚えている人も多いかもしれないが、小原裕貴は当時ジャニーズJr.で圧倒的な人気を誇っていた伝説のジャニーズJr.。

当時はまだジャニーズJr.だったV6の森田剛や三宅健と並ぶほどの人気で、滝沢秀明もJr.時代、唯一頭が上がらなかったと後ほど語っていた。しかし学業への専念を理由に退所後、亜細亜大学へ入学。卒業後には博報堂に入社している。

20年後の共演を誓いあった全メンバーの出演は難しいだろうが、KinKi Kidsの2人と嵐の松本潤・相葉雅紀の4人が共演すれば大きな話題となるのは間違いないだろう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク