スポンサーリンク

嵐はフリーメイソンの陰謀で作られた!?テレビでは語れなかった他にもある証拠

この記事をシェアする

7月8日に放送された「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)のコーナー「隠れ家ARASHI」ではゲストとして登場した友近がMr.都市伝説・関暁夫のものまねを披露。嵐とフリーメイソンの関係について都市伝説を披露した。

フリーメイソンとはたびたび世界を支配していると陰謀説が囁かれる友愛団体。実際、アメリカの1ドル札紙幣にはフリーメイソンの象徴である三角形に目がマーキングされており、関係者が力を持っている証拠ともされている。

画像はアメリカの1ドル札紙幣にあるマーキング

1doller

日本では先日、高須クリニックの高須院長がフリーメイソンに加入していることを明かし、先月にはTwitterに投稿された「フリーメイソン秘密の大宴会なう」というツイートが話題にもなった。

番組で友近は世界を裏で牛耳るフリーメイソンと嵐の関わりが切っても切れない関係とし、フリーメイソンが今、世の中の人に送っているメッセージのマーキングで666という数字がまず嵐と関わりがあるとした。

嵐のデビュー年である1999をひっくり返すと666が浮かび上がる。また嵐のメンバーの頭文字を取るとMASONが浮かび上がるとした。

M=松本潤
A=相葉雅紀
S=櫻井翔
O=大野智
N=二宮和也

「信じるか信じないかはあなた次第です!」といつものお決まりのセリフで締めたのだが、この都市伝説は放送前から一部の嵐ファンの間で本当にあった噂話。嵐はフリーメイソンの陰謀で作られたとまことしやかに噂されていた。

実はその中には放送に含まれていなかった嵐とフリーメイソンの結びつきを示す証拠があった。

スポンサーリンク

嵐とフリーメイソンの関係の証拠!?

フリーメイソンの暗号でAMNOSというものがあり、これもアメリカの紙幣に暗号がマーキングされている。

AMNOSはギリシャ語が起源の言葉なのだが、聖書では子羊という意味。子羊は民のことを指し、キリストを羊飼い、民衆を「迷える子羊」と例えている節もあるようだ。

実はこの暗号、なんと櫻井翔が作詞した「La tormenta 2004」の歌詞で登場する。

この曲では冒頭以下のような歌詞がある。

Ride on Fire Storm(嵐 山が上 下に置く風)
舞い上がれ(A・M・N・O・S神風)
体を熱く駆け抜けろ!(確かな駆け出し 果てなき雨降らし)
聞こえるかい(嵐 山が上 下に置く風9
魂が(A・M・N・O・S神風)
手を取り呼び起こせ 嵐
さあ 解き放て!

amnosの意味はメンバーの頭文字で、神風は神のような風を巻き起こす嵐だと思われてきたが、櫻井翔が暗号を送っていたのかもしれない。

信じるか信じないかはあなた次第です!

(参考)高須院長はフリーメイソンの秘密会議出席中

参考までに今年1月に高須院長はインタビューでフリーメイソンは日本全体で2,000人弱。ただ在日米軍の関係者が大半を占めており、日本人は200人くらいだと答えている。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク