スポンサーリンク

嵐のファンクラブがギネス認定されたという噂が本当かどうか検証する

この記事をシェアする

Twitter上でたびたび話題となるネタがある。それは嵐のFC会員数がギネス登録されたというもの。

実際、嵐のファンクラブ会員数は累計で2016年に200万人を突破。2017年現在では211万人(9月末時点)となり、2位関ジャニ∞の55万人(SMAPはファンクラブ終了時点で100万人)を大幅に上回っており、ギネス級の会員数であることは間違いないだろう。

guinness

画像はギネス公式サイトより

では本当にギネス登録されているのか?

今回はその噂を検証する。

スポンサーリンク

嵐のファンクラブはギネス認定されているのか?

アイドルグループにおいて、ファンクラブの会員数はその人気のバロメーターの1つ。オリコンCDランキングなどと同様、人気の裏付けとなる数値だろう。

そのためアーティストのファンクラブがギネス認定されたという噂は世界中で例が見られ、例えば韓国では2008年に東方神起のファンクラブがギネス認定されたという噂が広まったことがある。

当時の東方神起のファンクラブの会員数は80万人程度。同年、嵐のファンクラブは25万人程度の規模だったので、あり得る話ではあったが、実際にギネスからの発表もされておらず、これは完全に都市伝説だったようだ。東方神起の同じ事務所の後輩グループであるEXOが2014年にファンクラブ会員が100万人を突破しており、少なくとも現時点ではトップではないようだ。

一方、嵐については現在の会員数が211万人もいるが、退会している人を含んでおり、さらに1人で複数口ファンクラブに入会している人もいるため、正確にユニークの会員数は公表されていない。

実際にギネスが発表したという事実も無く、やはりこちらも都市伝説だったようだ。もちろん登録されれば、こぞって大手メディアが取り上げるが、そういったニュースも出ていない。

噂は100万人の会員数を突破した2011年頃からネット上でたびたび話題となっており、今でも数ヶ月に1度の頻度でTwitterなどでも拡散している。

ちなみにジャニーズ事務所ではジャニー喜多川氏が「最多のベストヒット・シングルをプロデュースした人物」「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」としてギネスブックに認定されている。

またKinKi Kidsが「デビューからのシングル首位連続作品数記録」で38作連続へと伸ばしており、今年の7月に自身の持つギネス記録を更新している。

嵐の関連ギネス登録としてはメンバーが2011年に出演した「Android au」のCMが合計60パターンのCMを制作し、3つのギネス記録に認定されている。

一つ目は地上波で同CMを24時間以内に60本放送したことによる「24時間以内に、地上波放送にて放送したテレビCM最多バージョン数」 。

二つ目は「スペースシャワーTV」で同CMを60本放送したことによる「1つの有料放送局で、8時間以内に放送した同一商品のテレビCM最多バージョン数」 。

三つ目は日テレ系「Music Lovers」で同CMを12バージョン放送したことによる「1つの30分番組内で放送した、同一商品のテレビCMの最多バージョン数」 となっている。

また嵐のメンバーでは二宮和也が2012年に「ポッキー&プリッツの日」のイベントに出席し、そのイベントに登場した130万7208本のポッキーを使用した二宮扮する同商品のCMキャラクター・デビルニノが描かれた巨大モザイクアート(面積50.92平方メートル)が「最も大きいビスケットスティックのモザイクアート」としてギネス世界記録に認定されている。

ということで一部のアラシックに誤解が広まっているため、整理した。

正確な会員数はジャニーズ事務所にしかわからないが、これまで公表したことの無い数値。実際に嵐のファンクラブのユニークな会員数は世界一かもしれないが、これまでの動向からこの数値が公表される可能性は低く、ギネス登録されることは無いかもしれない。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク