スポンサーリンク

今度は嵐・相葉雅紀にあの女子アナが近づき炎上状態に。スタッフから注意を受ける一幕も

この記事をシェアする

嵐のメンバーに昨年から続く女子アナとの交際スクープ。昨年は二宮和也とフリーアナウンサー伊藤綾子の交際が発覚。今年は櫻井翔がテレビ朝日の小川彩佳アナウンサーと交際していることが発覚し、多くのファンがショックを受けた。

その影響もあってか、嵐の新曲の売上枚数は減少傾向が続いており、4月19日に発売された51枚目のシングル「I’ll be there」はオリコン週間チャートで1位を獲得したものの、前作より3万枚も売上は落ち込み初週39.4万枚のセールスとなった。

この数値は2009年7月の「Everything」の34.2万枚以来、約8年ぶりの数値というから驚きだ。しかも作品を追う毎に枚数が減少する傾向はこの1・2年続いている。

嵐の新曲の売上の減少は二宮と櫻井の女子アナとのスキャンダルだけでなく、2015年9月にフライデーが報じた大野智と夏目鈴の交際スキャンダル、2016年12月に週刊文春が報じた松本潤とAV女優・葵つかさとの4年に及ぶ井上真央との二股愛も含めて、メンバーの女性との交際が響いていると見られている。

ちなみに相葉は2年前にも同じ月9枠でドラマ「ようこそ、わが家へ」にも主演として出演。その時の主題歌で嵐が歌う「青空の下、キミのとなり」は初週で50.1万枚のセールスだっただけに、そこから考えると交際スキャンダルの無かった2年前と比較して約10万枚も落ち込んでいることになる。

そんな嵐の中で唯一スキャンダルと無縁なのが相葉雅紀。この2年の間に全くスクープが報じられていないのが相葉だけなのだが、そんな中、あの有名女性アナウンサーが近づき炎上しているという。

スポンサーリンク

相葉雅紀に近づいた女子アナとは!?

ファンの間で問題視されたのは4月17日に放送された情報番組「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)。相葉は同局で放送されるドラマ「貴族探偵」の番宣で生瀬勝久と共にゲスト出演。2人を三田友梨佳アナウンサーが紹介した直後に相葉の隣に座る安藤裕子がニヤニヤしながら相葉を指し「隣…」と嬉しそうに発言。

この発言に三田アナは「ねぇ…ちょっと安藤さん近くないですか?」と返す。

すると安藤は「さっき(スタッフに)注意されて、ちょっと右側に寄せられました」とスタッフから注意を受けていたことを明かした。

当然相手がジャニーズということで、嵐ファンを気にしたのか、三田アナは「気をつけてくださいね」とたしなめていた。

某匿名掲示板にはこの放送直後にスレッドも立ち炎上状態に。「ジャニヲタを敵に回すのか」「(見えないところで)どんだけ密着してたの?」「オバサンが自慢してる時点でウザい」「職権乱用してるだけなのに相変わらずムカつく」などと批判されている。

もちろん相葉にとってスキャンダルでも何でもないのだが、二宮と伊藤綾子の場合、番組で隣に座り共演したことから交際が始まったということを多くのファンは知っているだけに女子アナが隣に座ったりすることには敏感になっているようだ。

実は安藤裕子を「気をつけてくださいね」とたしなめた三田アナには少し前に炎上の対象となることがあった。

今年3月23日の「VS嵐」(フジテレビ系)でも女性アナウンサーが登場。男性アナウンサーの応援に駆けつけたという設定だったが、ここに「直撃LIVEグッディ!」で安藤をたしなめた三田アナが出演した他、松村未央アナ、堤礼実アナ、永島優美アナが出演。

嵐と女子アナの共演にファンからは「は?なんで女子アナまでついてきてんの?」「嵐と女子アナ……伊藤綾子と小川彩佳を思い出して、拒否反応が出てしまう」「女子アナは引っ込んでろ!」と多くの批判の声が飛んでいた。今回安藤を注意した三田アナもこの時の記憶があっただけに注意を促したのだろうか。

女子アナとの交際は関ジャニ∞の横山裕、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧など、決して嵐だけではないのだが、スキャンダルが相次いでいるだけに、番組制作側も今後一層配慮が求められるかもしれない。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク