スポンサーリンク

相葉雅紀が4月から月9ドラマ「貴族探偵」への主演に決定も、めざましテレビのフライング告知によって正式発表が延期か

この記事をシェアする

当サイトでも既に1月31日時点で相葉雅紀がフジテレビの月9枠の主演に内定したと報じていたが、昨日「めざましテレビ」(フジテレビ系)の公式SNSアカウントがこのドラマに主演する相葉へのインタビューが放送されると発表してしまった。

正式発表前だったことに気付いたのか後に該当情報を削除したのだが、時既に遅し。どうやら大きな問題となっているようだ。

※2月10日追記
2月10日朝に正式発表があり、スポーツ新聞や朝の情報番組で情報解禁されました。共演者に武井咲の他、中山美穂、井川遥、仲間由紀恵、生瀬勝久、松重豊らの名前も。

スポンサーリンク

相葉雅紀の月9主演

フジテレビ月9枠の正式発表が「めざましテレビ」で報じられることは、同じフジテレビなだけに自然だろう。

そして当サイトでも相葉雅紀主演の月9の内容は”原作付きのミステリー作品”とお伝えしていたが、その原作は「貴族探偵」だと判明。相葉が演じる主人公は探偵だが全く推理もせず、特殊な才能を持つ優秀な使用人が事件を推理して解決していく。主人公はというと、事件の合間に必ず女性を口説くという一風変わった探偵だ。

「自分の使用人が推理したから、使用人を所有している自分の行為だ」という考えを持っており、女性を口説く面といい、普段は優しい相葉雅紀とは違った一面が見られるかもしれない。

本来は2月9日の「めざましテレビ」で正式発表のようだったが、2月8日の夜にはめざましテレビの公式LINEやTwitterで翌日の放送内容を告知する際に「4月からの新月9ドラマ『貴族探偵』主演の相葉雅紀さんに公私ともに仲良しの伊野尾くんがインタビュー」と記載してしまった。

mezamashi-kizokutantei1

削除されためざましテレビの告知文(現在は削除済み)

すぐにめざましテレビも削除したが削除する前にキャプチャした画像などが出回り、事実上のフライング発表となったようだ。相葉雅紀の月9主演は2015年4月クールの「ようこそ、わが家へ」以来となり、2年ぶり。

本日は嵐のJAL新CMの告知もあり、本来であれば嵐ファンとしては嬉しい発表が続くはずだった。

しかし様子がおかしいのは「めざましテレビ」の公式SNSが該当告知部分を削除しただけに留まらず、先ほど放送された2月9日の朝のめざましテレビ内でこの件に触れることは無かった。

Hey!Say!JUMPの伊野尾慧が相葉雅紀にインタビューした様子を放送するはずだったのだが、急遽差し替えたと見られている。

伊野尾がめざましテレビにレギュラーで出演しているのは毎週木曜日であり、放送を来週木曜日まで一週間延期することは考えにくく、フライング告知の代償としてお蔵入りになった可能性も高い。伊野尾のいない日に放送するのは不自然であるから、それも考えにくいだろう。

おそらく本日ジャニーズ事務所にフライング告知について謝罪した後に近く伊野尾のインタビューは無しで正式発表があるだろうが、めでたい発表なだけに不手際が残念だ。

相葉雅紀が主演する「貴族探偵」とは?

原作の作家は麻耶雄嵩(まやゆたか)

2010年5月に集英社から発売された「貴族探偵」は日本の小説家・推理作家である麻耶 雄嵩(まや ゆたか)の作品。

麻耶は京都大学在学中に推理小説研究会に所属していたというミステリー作家の申し子のような作家だ。問題作を一貫して書き続けており、独特の世界が評価を集めており過去に日本推理作家協会賞や本格ミステリー大賞などを受賞している。

ストーリー

主人公の貴族探偵は高貴な身分でありながら趣味が探偵。

「雑務は使用人に任せておけばいいんですよ」と自分で推理はしない。推理は執事やメイド、運転手の役目だ。

貴族探偵は推理そっちのけで女性を口説きまわり、優秀な使用人を駆使しつつも、警察上部へ協力なコネを活用し、難題事件を解決していく。

そんな中で山奥での密室殺人事件、美容院での恐怖の事件、犯罪者と被害者が絡み合う円環殺人事件などに挑んでいくという。

本格的なミステリーで物語にいくつも伏線があり、意外性のあるトリックを使用人が解いていく。登場人物の内容的にコメディっぽいところもあるが、本格的なミステリーファンも楽しめるだろう。

登場人物とキャスト

貴族探偵役の相葉以外の他の登場人物で注目なのは貴族探偵に仕える3名。

執事で生真面目な性格で事件を推理する山本と、メイドで可愛い顔をしながら事件を推理する田中、運転手で巨漢ながら事件を推理する佐藤を誰が演じるかも注目だ。

事前に武井咲がヒロインで出演するという情報もあり、メイド役なのだろうか。

月9の悪い流れを止めることができるのか?

2016年10月クールの月9でHey!Say!JUMP・山田涼介が主演する「カインとアベル」が月9史上最低の平均視聴率となってしまった。

そんな中、今年1月クールの西内まりや主演「突然ですが、明日結婚します」は初回視聴率は8.5%と初回の過去最低を更新。第2話には6.9%と目も当てられないような数値に落ち込んだ。

この状況を盛り返すために4月クールに相葉雅紀、7月クールに山下智久、10月クールには木村拓哉が月9の主演として努め、黄金時代の月9を取り戻すべくフジテレビも動いているというが、まずは4月からスタートする相葉雅紀の「貴族探偵」でどこまで視聴率を取り戻すことができるだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

関連する記事

スポンサーリンク